• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

三浦春馬「確かなパワーをもらった」ミュージカル「キンキーブーツ」ブロードウェイ版キャストと対面

三浦春馬

 ブロードウェイ・ミュージカル「キンキーブーツ」ワールドツアー・ロサンゼルス公演初日レッドカーペットに、日本人キャスト代表として三浦春馬が登壇した。

 「キンキーブーツ」は2013年、演劇のアカデミー賞ともいわれるトニー賞で作品賞をはじめ、オリジナル楽曲賞、主演男優賞を含む6部門を受賞する快挙を成し遂げた話題のミュージカル。今回、主演に小池徹平、三浦春馬を迎え、日本版「キンキーブーツ」が7月に東京、8月に大阪で上演される。さらに、10月にはブロードウェイ版「キンキーブーツ」の来日公演も決定している。

 現地時間の4月11日、アメリカ・ロサンゼルスでウォーク・オブ・フェイムの除幕式。「キンキーブーツ」の脚本家ハーヴェイ・ファイアスタインと、全曲作詞作曲を手掛けた、世界のポップ・アイコン、シンディ・ローパーの名が刻まれた。その栄誉ある2人の星が刻まれているパンテージ・シアター (Pantages Theatre)を三浦春馬が訪れた。

 三浦は、今夏上演されるブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」の日本人キャストの代表として現地を訪れ、演出家のジェリー・ミッチェルと、LA公演に出演しているローラ役のジェイ.ハリソン・ジーと初対面を果たした。ジェリーは三浦に、「『キンキーブーツ』で最も大切にしているテーマは、“You change the world when you change your mind! (自分の考え方を変えた時に、世界を変えられる)”だ、僕はそのテーマを伝えたるために演出している」と話し、「このミュージカルは楽曲が全てと言っても過言ではなく、一度聞いたら頭から離れない楽曲がシンディの良さである」と熱く語った。そして、「三浦自身が演じる美のカリスマ・ドラァグクイーンのローラ役をやるうえで“大切にして欲しいこと”は、心を開くこと。周りに対してポジティブであること」と、アドバイスした。

 また、三浦に会った第一印象を、「君にはとても魅力的な個性があり、目を引く存在感もある。それはローラを演じる上で最も重要な要素であり、また、コミュニケーションを大事にしていることが伝わってくる。日本でローラをどのように演じるかが楽しみだ」と期待のコメントを贈り、最後に「日本のお客様には、たくさん笑って、拍手して、泣いてこの作品を楽しんでほしい」とメッセージを寄せた。

 続いて、三浦自身が2013年ブロードウェイ初演をNYで観劇した時からずっと憧れ続けたローラ役のジェイ.ハリソン・ジーと対面。三浦は、「ローラ役が決まった時はうれしいと同時に、ローラを日本代表として演じることのプレッシャーを感じ、より気合が入った」と。ジェイは「カンパニーのリーダーとして作品に込められたメッセージを伝えなくてはいけないし、カンパニー全員へ心をオープンにすること。それがカンパニーへの信頼感につながり、作品に込められた特別な思いを全員が理解し、キャスト一人一人全員がメッセージを伝えるという責任感を持って舞台に立つ素晴らしい公演になることを信じています」と。これは、本作の初演でローラ役を演じ、トニー賞 最優秀ミュージカル主演男優賞を受賞したビリー・ポーター(Billy Porter)からジェイ自身が直接受け取ったメッセージで、そのままを後輩である三浦に伝えてくれたのだ。

 また、ジェイは、10月に日本でこの役を演じることに対し、「とても“ワクワク“しているし、この作品に込められたメッセージを携えて日本に戻れるのがうれしい!」と語った。

 滞在2日目、三浦はウェストハリウッドで稽古用のブーツを購入したり、ドラァグクイーンのショーを見たりと、夏のドラァグクイーン役に向けてここでもリサーチ三昧。パフォーマンスや魅せ方など、演じる上で生かせるものを充分吸収したようだ。

 翌日は、いよいよ、ワールドツアーのLA公演初日。パンテージ・シアター開幕の豪華レッドカーペットを日本のローラとして三浦春馬が登場。ブロードウェイミュージカル『リーガリー・ブロンド』の主演でトニー賞にノミネートされた女優ローラ・ベル・バンディや、映画『ヘアスプレー』の監督アダム・シャンクマンら、たくさんのセレブリティがいる中で、三浦は『キンキーブーツ』キャストと楽しそうに取材を受け、多くの歓声を浴びた。

 そして、初日公演を観劇した三浦は、「最高でした!!改めて作品にすごく力があることを感じましたし、明日から元気に頑張ろうと思える確かなパワーをもらいました。初日ならではの独特な雰囲気も感じたのですが、現地のお客さんがとっても温かくこの作品を受け入れていて、でもそれはプレイヤー達の確かな実力があるからこそ、ここまで盛り上がるのだと痛感しました。僕自身がローラを演じる上ですごく身が引き締まる思いでした!日本公演も頑張ります!」と、意気込みを語った。

 そして、最終日。パンテージ・シアターのバックステージツアーに参加し、本番直前の超ミニスカートのタイトな衣装を纏ったローラ役のジェイと2ショットの写真撮影に成功して喜ぶ三浦。固い握手を交わしながら、来日版のローラと日本人キャスト版のローラとでエールを交換、日本での再会の約束をした。

ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」公演概要

■公演日程
東京公演:7月21日(木)~8月6日(土)新国立劇場 中劇場
大阪公演:8月13日(土)~8月22日(月)オリックス劇場

■チケット料金
東京公演 S席13,500円/A席12,000円(全席指定席・税込)

■チケットに関するお問い合わせ
サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

■出演
小池徹平 三浦春馬 ソニン 玉置成実 勝矢 ひのあらた 他

■スタッフ
脚本:ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞:シンディ・ローパー
演出・振付:ジェリー・ミッチェル
日本版演出協力・上演台本:岸谷五朗 訳詞:森 雪之丞

公式サイト(http://www.kinkyboots.jp

ブロードウェイ・ミュージカル「キンキーブーツ」<来日版>公演概要

■公演日程
東京公演:10月5日(水)~30日(日)東急シアターオーブ
大阪公演:11月2日(水)~6日(日)オリックス劇場

■チケット料金
東京公演 S席13,000円/A席10,000円/B席 8,000円(全席指定席・税込)

■公演に関するお問い合わせ
東京公演:Bunkamura 03-3477-3244(10時~19時)
大阪公演:キョードーインフォメーション0570-200-888(10時~18時)

公式サイト(http://www.kinkyboots.jp

★5月7日(土)、8日(日)の2日間に渡り、代々木公園で開催される「東京レインボープライド」にもブース出展予定。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える