• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

フジ永島優美アナが福山雅治主演『ラヴソング』で連ドラデビュー

福山雅治主演『ラヴソング』に永島優美アナが出演

 4月から『めざましテレビ』のメーンキャスターを務めているフジテレビの永島優美アナウンサーが、福山雅治主演の月9ドラマ『ラヴソング』に出演することが決定した。永島アナは連続ドラマ初出演、月9でドラマデビューを果たす。

 永島アナの役どころは、藤原さくら演じるさくらの同僚社員で、福山雅治演じる神代広平のカウンセリングを受けに来る、大瀬良(おおせら)という役。草ヶ谷大輔プロデューサーは「整備士ということで、つなぎの作業着を着ていただき、顔には汚しのメークをしていただいたんですが、ちょっとの汚しでは、永島アナの持つ、爽やかな朝の顔は汚れず、わざと汚しメークを追加したんです。現場でも“美人すぎる整備士”と絶賛されていました」と撮影エピソードを語っている。

 永島アナは「連続ドラマへの出演は初めてで、しかも福山さんとのシーンだということでお話をいただいた時から緊張でした。母に電話で月9出演を報告したときに“あの福山雅治さんと共演だなんて、そんな夢のようなことがあるのねー!”と感激しておりまして、その時に、緊張よりも幸せな気持ちに変わりました」と出演が決まったときの感想を。

 また「“何度もNGを出してしまったらどうしよう…”と内心ドキドキしながら撮影に臨んだのですが、監督と福山さんが“ここはもうちょっとこうしてみたらさらに良くなるかも!”と、自ら実際に身振り手振りで優しく教えて下さったんです。ですので本当にリラックスして役の大瀬良に成り切ることができました」と撮影を振り返った。

 福山からも演技のアドバイスを受けたそうで「動きや言葉の発し方など、私のせりふを福山さんも一緒に演じてみてくださって、その中で演技のアドバイスをいただきました。目線や手の動かし方など、細かい所まで優しく教えていただいたおかげで、イメージを膨らませることができました」 と。

 共演した藤原さくらについては「先日『めざましテレビ』に出演していただいた際にお会いしたのですが、“今日は現場でお会いできてうれしいですー!”と藤原さんから満面の笑みで言って下さって。本当にその笑顔に癒やされました。演技を見ていると20歳に見えないほど大人っぽいイメージですが、普段の藤原さんはずっと笑顔が絶えない、気さくで、とってもかわいらしい方でした」と印象を明かした。

 福山演じる神代のカウンセリングを受けて悩みは解決した?との質問には「第4話での私の表情をご覧いただければ、お分かりいただけると思います!」と語った。

『ラヴソング』
フジテレビ系
毎週(月)午後9時~9時54分
※永島アナの出演回は、5月2日(月)放送の第4話。

出演者:
福山雅治
藤原さくら
菅田将暉
夏帆
田中哲司
宇崎竜童
水野美紀 他

スタッフ:
脚本:倉光泰子(第26回ヤングシナリオ大賞『隣のレジの梅木さん』)
主題歌:「soup」藤原さくら 作詞/作曲 福山雅治
音楽:菅野祐悟

プロデュース:
鈴木吉弘(『ガリレオ』シリーズ、『HERO』シリーズ 他)
草ヶ谷大輔(『探偵の探偵』、『独身貴族』 他)
演出:
西谷 弘(『昼顔』、『ガリレオ』シリーズ 他)
平野 眞(『5→9~私に恋したお坊さん~』、『ショムニ』 他)
制作:フジテレビドラマ制作センター

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える