• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『ミモザの島に消えた母』F・ファヴラ監督&L・ラフィット来日決定

「ミモザの島に消えた母」

 7月23日(土)より全国公開される、「サラの鍵」原作者タチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を実写化したフランス映画「ミモザの島に消えた母」の「フランス映画祭2016」への出品と、フランソワ・ファヴラ監督、主演のローラン・ラフィットの来日が決定した。ファヴラ監督は、2004年の「フランス映画祭」で出品された『彼女の人生の役割』以来、12年ぶりの来日となる。

 1993年から毎年開催されている「フランス映画祭」は、良質なフランス映画が上映され、豪華なゲストも来日するなど映画ファンを魅了し続けている映画祭。今年は、6月24日(金)~27(月)に開催される。

 本作は「サラの鍵」原作者のベストセラー小説を、「クリムゾン・リバー」のローラン・ラフィットや「人生はビギナーズ」のメラニー・ロランなどフランスの実力派俳優を迎えて映画化。緊張感あふれるサスペンスフルなタッチで真相をひもといていきながらも、誰もが抱える感情の機微を丁寧にすくい上げ、封印されてきた真実を掘り起こすことで、心の解放と救いを得ていく姿を描いた上質な人間ドラマに仕上がっている。

 映画『ミモザの島に消えた母』は、7月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。

<プロフィール>
■フランソワ・ファヴラ
1967年5月10日生まれ。助監督、共同脚本として、多くの長編映画制作に参加。2001年に短編「MON MEILLEUR AMOUR」を初監督。20以上のフランスや海外の映画祭に選ばれ、クレルモン=フェラン国際短編映画祭ほかで5つの賞を受賞。長編の初監督作「LE ROLE DE SA VIE」 は700,000人を動員し、カリン・ヴィアールは2005年のセザール賞最優秀女優賞にノミネートされた。2009年に長編2作目「LA SAINTE VICTOIRE」には、クリスチャン・クラヴィエとクロヴィス・コルニアックが出演。『ミモザの島に消えた母』は彼の長編3作目になる。

■ローラン・ラフィット
1973年8月22日生まれ、フランス出身。主な代表作に、ファニー・アルダン主演作『麗しき日々』(13・未)、ピアース・ブロスナン主演作『ラブ・パンチ』(13)、ミシェル・ゴンドリー監督作『ムード・インディゴ うたかたの日』(13)、オマール・シー主演の『アンタッチャブルズ』(12)、ギョーム・カネ監督作『君のいないサマーデイズ』(10・未)、クロード・ミレール監督の『ある秘密』(06)、セザール賞で4部門を受賞した『唇を閉ざせ』(05)、ジャン・レノ主演作『クリムゾン・リバー』(00)などがある。2013年にはフランス政府より芸術文学勲爵士を授与されている。

<あらすじ>
西仏「ミモザの島」の海に消えた美しき母。傷を抱えた息子。目を背ける妹。そして頑なに口を閉ざす父と祖母。家族に隠された禁断の秘密とはー
30年前、冬に咲く小さな花から通称「ミモザの島」と呼ばれる島の海で、一人の若い女性が謎の死を遂げた。40歳になった今でも、愛する母を失った喪失感から抜け出せないアントワンは、真相を突き止めようとするが、何故か家族は“母の死”について頑なに口を閉ざす。果たして当時、何があったのか?恋人のアンジェルや妹アガッタの協力を得て、ミモザの島を訪れたアントワンは、自分が知らなかった母のもう一つの顔、そして家族が隠し続けてきた衝撃の真実に辿り着くのだったがー。

『ミモザの島に消えた母』
7月23日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

監督:フランソワ・ファヴラ(2004年仏映画祭出品「彼女の人生の役割」)
原作:タチアナ・ド・ロネ(「サラの鍵」)
撮影監督:ロラン・ブリュネ(「クロワッサンで朝食を」「セラフィーヌの庭」)
音楽:エリック・ネヴー(「インティマシー/親密」「海をみる」)
キャスト:ローラン・ラフィット(『ムード・インディゴ うたかたの日』)、メラニー・ロラン(『人生はビギナーズ』)、オドレイ・ダナ(『君を想って海をゆく』)、ウラディミール・ヨルダノフ(『恍惚』)、ビュル・オジエ(『夜顔』)

配給:ファントム・フィルム

『ミモザの島に消えた母』公式サイト:http://mimosa-movie.com/
フランス映画祭公式サイト:http://unifrance.jp/festival/2016/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真