• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

新劇場「浅草九劇」が来春オープン こけら落とし公演は『ベッド&メイキングス』

 池内博之、長谷川京子、新垣結衣らが所属する芸能事務所レプロエンタテインメントが、創立25周年プロジェクトの一環として、来年2017年春に劇場とホテルと飲食店の複合施設「浅草九倶楽部(アサクサココノクラブ)」をオープンする。

 「浅草九倶楽部」は、演じる人、創る人、観る人、暮らす人、通過する人、留まる人等、三者三様九重の個性が出会い生まれるエンタテインメントを、“芸能の聖地”浅草から発信するプロジェクト。

 施設2階に設けられる劇場「浅草九劇(アサクサキュウゲキ)」のこけら落とし公演は、俳優・富岡晃一郎と脚本家・演出家の福原充則による劇団『ベッド&メイキングス』が務め、川島海荷の出演が決定している。以降、小野寺修二主宰の『カンパニーデラシネラ』、田村孝裕らの劇団『ONEOR8』、益山貴司・寛司兄弟を中心に結成された『子供鉅人』といった話題の劇団がラインナップ。公式サイトでは2017年5月以降に公演が可能な劇団の募集が開始される。また、レプロエンタテインメント所属の若手俳優による公演も定期的に行われる予定となっている。

『浅草九劇(アサクサキュウゲキ)』
2017年4月オープン予定
計画地:東京都台東区浅草2丁目16番2、3

公式HP:http://www.asakusa-kokono.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える