• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『おそ松さん』大型イベント今夏開催決定!「フェス松さん」で発表

「フェス松さん’16」

 『おそ松さん』のスペシャルイベント「フェス松さん’16」が5月8日(日)、千葉・幕張メッセで開催され、総勢12名の主要キャストが集結。昼夜あわせてファン約1万3000人が集い、全国各地の映画館で行われたライブビューイングも含め約7万人が熱狂した。

 6つ子が登場し、タイトルコール権を奪うために兄弟げんかを始めるも、そのスキにイヤミに奪われるという展開でイベントはスタート。また、このやりとりの終盤には6つ子を演じる櫻井孝宏(おそ松)ら6人のキャストがステージに現れ、手脚にティッシュを装着した神谷浩史(チョロ松)、野球マンになった小野大輔(十四松)など、それぞれのキャラクターになぞらえた格好で場内を沸かせた。その後は、全出演者12名がそろってステージへ。下手に松野家、上手にトト子の家を模したステージにズラリとならぶと、大きな拍手が起こった。

 イベントでは、本作エピソードを語り合う「全話ふりかえり松!」、キャスト陣が代わる代わる登場する朗読劇「シャッフルこぼれ話集」、「デリバリーコント in 幕張」を実施。

 「全話ふりかえり松!」では、印象に残っている話として、第13話「実松さん」や、第20話「スクール松」などにまつわるトークを展開し、櫻井や遠藤綾(トト子)がその場でせりふを披露するひと幕も。

 続く「シャッフルこぼれ話」では、シリーズ構成・松原秀書きおろしの10本もの新作ショートエピソードを披露。トト子とデカパン、チョロ松とハタ坊といった珍しいコンビの掛け合いや、おそ松の声になったイヤミ、カラ松の声になったダヨーンなど、全キャスト・キャラ総入れ替わりといったサプライズ的な演出もあり、観客を沸かせた。

 そして「デリバリーコント in 幕張」では、キャスト陣8名がペアになって即興コントを。エンディングの「四銀校歌斉唱」では、観客も交えた大合唱となり、会場は一体感に包まれた。

 イベント中には、「春の松の市リターンズ」と「展示系大型イベント」の開催も発表。「春の松の市リターンズ」は、4月上旬に行われた物販イベントの第2弾で、6月上旬に大阪で行われる。新作グッズのお披露目も予定している。「展示系大型イベント」は、本作の魅力をつめ込んだ展示&物販イベントになる予定で、2016年夏から全国の主要都市を巡る。

「フェス松さん’16」
【昼の部】「フェス松さん 昼の部 ~センバツロスにはまだ早い~」
【夜の部】「フェス松さん 夜の部 ~四銀ロスにもまだ早い~」
日時:5月8日(日)
会場:幕張メッセ イベントホール
出演者:櫻井孝宏(おそ松)、中村悠一(カラ松)、神谷浩史(チョロ松)、 福山潤(一松)、小野大輔(十四松)、入野自由(トド松)、 遠藤綾(トト子)、鈴村健一(イヤミ)、國立幸(チビ太)、 上田燿司(デカパン)、飛田展男(ダヨーン)、斎藤桃子(ハタ坊)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真