• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

将棋界最高頭脳の羽生善治が人工知能の最先端をリポート

『NHKスペシャル』でナビゲーターを務める羽生善治

『NHKスペシャル』でナビゲーターを務める羽生善治

 5月15日(日)に放送される『NHKスペシャル 天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る』(NHK総合 後9:00)の試写会が東京・渋谷のNHK放送センターで行われ、番組ナビゲーターを務める羽生善治が登壇した。

 囲碁の人工知能を開発したイギリスの天才研究者デミス・ハサビスや、“がん”を画像から発見する人工知能を発明したアメリカのベンチャー企業、人工知能に感情を持たせる研究を続ける日本企業など、人工知能開発の最前線を取材し、人工知能が人間や社会に何をもたらすのかを探る。

 今回、羽生はリポーターに初挑戦。人工知能に以前から関心をもっていたという羽生は、番組出演について「願ってもいないチャンスだと思った」と告白し、「(人工知能の)最前線の現場を見ることができて、非常に得難い経験になりました。さまざまな情報がある中で、現状こんなふうに進んでいるんだというのが、たくさんの人たちに伝われば」と。

 番組では、囲碁の人工知能を開発し、3月には韓国の最強囲碁棋士と対局し圧勝したことで話題となったデミス・ハサビスも取材。羽生は「マインドゲームと呼ばれているさまざまなゲーム類にも非常に詳しいですし、造詣の深い方で、マルチの才能を持った方だなと思いました。話してみると非常にオープンでフレンドリーな方だったので、また機会があったら話を聞いてみたい」とハサビスの印象を語った。

 また、「今後、人工知能と将棋対戦はあるのか」と問われた羽生は、「まだ何も言えない」と前置きしつつ、「近いうちに何かしらのアナウンスをします」と含みを持たせた。

『NHKスペシャル 天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る』は、5月15日(日)NHK総合で後9:00より放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える