• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

米国の恐るべき陰謀を記録した「スノーデンの暴露」が6・11より公開

6・11公開『シチズンフォー スノーデンの暴露』

6・11公開『シチズンフォー スノーデンの暴露』

 国家による国民の監視を暴露した衝撃のスクープとその真相を記録した歴史的ドキュメンタリーで、第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した『シチズンフォー スノーデンの暴露』が、6月11日(土)より公開。

 2013年6月、ある内部告発で全世界に衝撃を走らせた“スノーデン事件”。それは米国の2大情報機関、CIA(中央情報局)、NSA(国家安全保障局)に属した若者が、国家がテロ対策の大義名分の下に、世界のIT企業のサーバーに直接アクセス。さらに米最大の通信会社から個人情報を“盗む”という、行きすぎた管理体制の実態を暴露した上、自ら実名で名乗り出るという、かつて類を見ない大事件だった。本作は、スノーデンの口から語られる米国の恐るべき野望と、膨大な証拠資料とともに世界を駆け巡るスクープ、その一部始終を克明に記録したものだ。

「内部告発」に関連するホットなトピックスとしては、「パナマ文書」が挙げられる。共同通信も参加する国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は、タックスヘイブン(租税回避地)にかかわるパナマ文書にある回避地法人名や、関連する企業・個人名、住所などを日本時間の5月10日(火)午前3時にホームページで公表することを発表した。21の回避地に設立された20万社以上、関連する37万人が関係する国ごとに整理され、名前からの検索も可能となる見通しだ。ICIJは、秘密法人とその背後にいる人物たちに関する史上最大の公表だと位置づける。どれだけ多くの日系企業が関与しているのか、そして日本の政治家や官僚たちにまで追求の手が及ぶのか、続報を待ちたい。

 さらに「スノーデン」絡みとしては、オリバー・スノーデン監督による伝記映画「SNOWDEN(スノーデン)」の予告編が解禁となった。今年9月16日公開予定だが、これまで2度にわたって公開延期が行われ、日本での公開は未定。予告編公開に際し、スノーデンは自身のTwitterで「2分29秒の間、すべてのNSA職員は仕事の手を止めた」と賛辞を送った。「SNOWDEN」の見どころは、史実を基にしたスパイ映画さながらのドラマティックな演出。「スノーデン」という類い稀なる人物が起こした事件を、2人の鬼才がどう表現したか、ぜひとも2作品ともチェックして見比べたい。

 映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』は6月、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー。

■STORY
ドキュメンタリー映画作家、ローラ・ポイトラスの元に重大な機密情報を持っているとコンタクトしてきた者がいた。コードネームは、CITIZENFOUR。2013年6月、香港でのインタビューに現れたのは当時29歳のNSA職員エドワード・スノーデン。彼の告発とは、米国政府によって一般国民すべての通信は監視されているという衝撃の事実だった。世界を駆け巡った暴露“スノーデン事件”の始まりと真相、スノーデンの亡命までを克明に記録する。
■CAST
監督・脚本:ローラ・ポイトラス『MY COUNTRY MY COUNTRY(原題)』
エグゼクティブ・プロデューサー:ジェフ・スコール、スティーブン・ソダーバーグ、ダイアン・ワイアーマン
プロデューサー:ローラ・ポイトラス、マチルダ・ボネフォイ
編集:マチルダ・ボネフォイ
製作:ダーク・ウィルツキ―
出演:エドワード・スノーデン(本人)、グレン・グリーンウォルド(ジャーナリスト)、ローラ・ポイトラス

(C)Praxis Films (C)Laura Poitras

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真