• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

重松清原作「希望ヶ丘の人びと」がドラマ化決定!主演の沢村一樹は“ちょっと駄目”な父親役

重松清原作「希望ヶ丘の人びと」がドラマ化決定!主演の沢村一樹は“ちょっと駄目”な父親役

重松清原作「希望ヶ丘の人びと」がドラマ化決定!主演の沢村一樹は“ちょっと駄目”な父親役

「ビタミンF」で直木賞を受賞した小説家・重松清原作の「希望ヶ丘の人びと」をWOWOWがドラマ化。主演に沢村一樹を迎え、7月16日(土)から放送される。

「希望ヶ丘の人びと」は、突然妻を、母を失った家族が、亡き妻の故郷で四苦八苦しながら新しい生活を築いていく姿を描いた感動作。WOWOWの連続ドラマWに初出演となる沢村は、空回りしながらも子供たちのために奮闘する“ちょっと駄目”な父親を魅力たっぷりに演じる。その妻役には、同じく連続ドラマW初出演の和久井映見。主人公の娘役は来た井之若手女優・桜田ひより、愛らしい息子役は「そして父になる」の二宮慶多が演じる。また、希望ヶ丘のユニークな住民たちに伊藤かずえ、六角精児、宮川一朗太、やついいちろう、平泉成といった個性豊かな俳優陣が顔をそろえる。

 沢村は「読み進めていくうちに、じわーっと心に温かいものが広がり、気づいたら違和感なくこのドラマの世界観に入り込んでいた、そういう脚本でした。演じる田島という男は、このゆったりとした希望ヶ丘での時間の中で、唯一突拍子もない人物なのかもしれません。何でも思いつきですぐ行動し、ダメだったら潔く止める。そこには彼の良さとダメさが混じっていて、そんな彼の行動について、見てくださる方が一緒に悩み、考えながらドラマを見続けていく、そこがこのドラマの面白さかもしれません」と。さらに「ふと気づくと、目から耳から体中から何かが浸み込み、心に届いていく…そんな作品です。希望ヶ丘の住民たちはそれぞれみんな、うまくいかないことも抱えながら一生懸命生きているんだなぁと感じていただき、時に自分や周りの人と重ね合わせたり、そこから勇気をもらったりしてくださったらうれしいです」とメッセージを語った。

「連続ドラマW 希望ヶ丘の人びと」はWOWOWプライムにて7月16日(土)からスタート。

「連続ドラマW 希望ヶ丘の人びと」
毎週土曜後10時からWOWOWプライムにて放送 ※初回無料放送
原作:重丸清「希望ヶ丘の人びと」(講談社文庫刊)
脚本:深川惠和(連続テレビ小説『おひさま』『最後から二番目の恋』)
監督:深川栄洋(「神様のカルテ」「トワイライト ささらさや」)
音楽:平井真美子(「トワイライト ささらさや」)
出演:沢村一樹、和久井映見、桜田ひより、二宮慶多/伊藤かずえ、六角精児、宮川一朗太、中島ひろ子、やついいちろう、岩本多代/平泉成、寺脇康文
特設サイト…(http://www.wowow.co.jp/dramaw/kibougaoka/
「連続ドラマW 希望ヶ丘の人びと」を見るなら…(http://www.wowow.co.jp/cp/tvlife/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える