• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

濱田岳「森田さんが森田役をやるのかよ!」森田剛初主演映画「ヒメアノ~ル」舞台挨拶

濱田岳「森田さんが森田役をやるのかよ!」森田剛初主演映画「ヒメアノ~ル」舞台挨拶

濱田岳「森田さんが森田役をやるのかよ!」森田剛初主演映画「ヒメアノ~ル」舞台挨拶

 森田剛が映画初主演を務める「ヒメアノ~ル」のジャパンプレミア舞台挨拶が行われ、森田のほか、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ、吉田恵輔監督が登壇した。

「ヒメアノ~ル」は、週刊ヤングマガジンで連載されていた「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」でおなじみの古谷実の漫画。平凡な主人公が幸せな恋愛を繰り広げる一方で、連続殺人鬼として反社会的な生活を送る同級生の2つの物語を同時に描いた内容で、暴力的なシーンなど刺激が強いことから実写化不可能といわれてきた。吉田監督は映画化するにあたり、「古谷先生の漫画はみんな読んでいたし、バイブルのようなもので、映画化できるチャンスをずっと狙っていました。この作品は日常と非日常が壁一枚で隣り合わせに起きているという作品。描写がすごくリアルなので、『みんな気を付けたほうがいいよ』っていう思いを皆さんに伝えたいと思いました」と語った。

 映画初主演となる森田は連続殺人鬼・森田という役を演じるにあたり「もうちょっと前でも、後でも多分無理だった。このタイミングで森田っていう役をできたのはすごく運が良かったと思っています」と。オファーを受けた際の感想を聞かれた濱田は「いろんな制約や縛りがある今のこの世の中で『本気で映像にしたいんだ』っていう大人たちがいるっていうので、ぜひその船に乗りたいと思った。『森田さんが森田役をやるのかよ!』っていう驚きも強かったです」と笑いを誘った。ムロは森田と濱田の配役が決定した段階でオファーを受けたエピソードを披露。「『この役は森田さん。この役は濱田さん。この2人がどうしてもムロさんじゃないと嫌!ムロさんじゃなきゃ降りるかもしれない!』と言われて『どうかムロさん、前向きに読んでいただけませんか』と。『もちろんだよ。僕は台本を後ろ向きに読んだことはないよ』って言ったんですけど、どうなの?」と森田と濱田に問いかけると「誰が言ったんですか?」「よくある大人の嘘ってやつじゃない?」と。さらに「じゃあさ『ムロさんやります』って聞いたとき、どんな感じだったの?」と聞き直すと、「僕は全然、誰でもよかった」と森田が笑いながら答え、「バカじゃねぇの!?誰でもいいわけないじゃん!」と会場は爆笑に包まれた。

 映画は前半と後半でまるで別物のように作られていることにちなみ、共演者や監督にギャップを感じたエピソードを聞かれ、佐津川は「森田さんに羽交い絞めにされるシーンがあって。本番で結構力が入ってしまったようで、2人で倒れる予定がなかったのに転んじゃったんですよ。そのまま芝居を続けていて、カットがかかった瞬間、それまで怖い顔だった森田さんが『大丈夫…?』って、申し訳ない感じで言ってくださって。私は芝居中、そんなこと全然気にしていなかったんですけど、森田さんは演じながらもすごい気を遣ってくださるんだなぁ、優しいなぁと思いました」と撮影中のエピソードを語った。
 最後に「あんまり内容のことは喋れないんですけど、自信を持って見てもらえる作品なので、覚悟して最後まで見てください」と森田のコメント。

映画「ヒメアノ~ル」は5月28日(土)から公開。

映画「ヒメアノ~ル」
5月28日(土)からTOHOシネマズ新宿ほか全国公開
原作:古谷実「ヒメアノ~ル」(ヤングマガジンKC所載)
監督・脚本:吉田恵輔
出演:森田剛、佐津川愛美、ムロツヨシ、山田真歩、駒木根隆介、大竹まこと、濱田岳

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える