• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

窪田正孝との30回キスにキスマイ藤ヶ谷もメロメロ「唇からもっていかれた」

 藤ヶ谷太輔と窪田正孝がW主演を務める映画「MARS~ただ、君を愛してる~」の完成披露試写会が行われ、舞台あいさつに藤ヶ谷(Kis-My-Ft2)、窪田をはじめ、飯豊まりえ、山崎紘菜、稲葉友、耶雲哉治監督が登場した。

 本作は90年代に絶大な人気を博した惣領冬実の不朽の名作を実写化。光と影の二面性を持つ高校生・樫野零(藤ヶ谷)と、零と出会ったことで過去のトラウマにより閉ざしていた心を次第に開いていくキラ(飯豊)、そして零の死んだ弟・聖の親友で狂気を秘めた高校生・桐島牧生(窪田)の3人が愛をかけて運命と戦う模様を描く、ピュアで残酷なラブストーリー。

「みなさんに観ていただけるのをずっと待っていました。今日は楽しみたいと思い“MARS”!」と藤ヶ谷が作品名を交えて挨拶すると、隣にいた窪田も満面の笑みで「今日はキュンキュンできる日だと思います。楽しんでいき“MARS”!」とつづいた。

 撮影も和気あいあいとし行われたそうで「学校での撮影だとご飯を食べるときは給食みたいに机をくっつけて食べていた」と稲葉が現場でのエピソードを語ると、「みんなで楽しそうに食べてるけど、僕だけ先に終わっちゃたからお疲れさまでしたって…」と拗ねる窪田。しかし、他のキャスト陣からは「窪田くんが帰るのが早い!」というタレコミがあり、「牧生としてはどれだけ早く帰れるかっていうのがね…。現場では“マキマキオ”っていうふうに現場で呼ばれてました」と裏話を明かした。

 3度目の共演となる藤ヶ谷と窪田は、他のキャスト陣が話している間も2人でコソコソ話をしているなど、終始仲良しぶりを発揮。作品名にかけて“ただ、愛しているもの”を問われた窪田が「僕はただ“樫野零”を愛しています」と宣言し、「人工呼吸をさせていただいた仲。太輔くんの唇のやわらかさは僕しか知りません!これだけは誰にも負けない自信があります!」と豪語。すると、藤ヶ谷も「僕はただ“牧生”を愛しています」と告白し、ヒロイン・キラを演じた飯豊が「キラじゃないの?」と言うほどのラブラブっぷりをみせつけた。

 そして、藤ヶ谷はドラマ版で話題になった窪田との人工呼吸に触れ、「びっくりしたでしょ!?もはや人工呼吸じゃないじゃん!みたいな(笑)」と振り返り、「別のアングルからも撮ったりして計30回弱はキスをしました」と暴露。「最初は樫野零としてはやっぱりキラだったんですけど、それくらいキスされるとだんだんこっち(牧生)にいっちゃう。唇から持っていかれました」とメロメロな藤ヶ谷に、窪田も満足そうに「いただきました!ごちそうさまでした!」と返し、会場は笑いに包まれた。

 映画「MARS~ただ、君を愛してる~」は6月18日(土)より全国ロードショー。

公式HP  http://mars-love.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える