• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

超新星ユナクの爽やかさに江守徹がひと目ぼれ?

マクベス

マクベス

 映画「マクベス」が5月13日(金)に公開初日を迎え、日本版テーマソング「Eternal Star ~君のために~」を歌う超新星のユナクと、俳優の江守徹が舞台あいさつに登壇した。

「マクベス」は2016年で没後400年を迎える文豪シェイクスピアの最高傑作。<野心に取り憑かれた男>と<野心を操る女>のリアルな心理描写を描き、その狂気に満ちた愛情によって悲劇を迎えることになる究極の夫婦愛を描いた作品。江守は「シェイクスピアを基にした映画を今までに随分見たけれど、その中で一番いい作品。主役のマイケル・ファスベンダーと、妻役のマリオン・コティヤールによる夫婦が、シェイクスピア劇とは思えないほど、現代に存在している人物に思えたことが一番の理由だと思います」と太鼓判を押した。「マクベス」をはじめとするシェイクスピアの4大悲劇のすべてに出演歴があり、現在は文学座の劇団代表として活躍する江守。そんな日本の大物俳優を前に、「シェイクスピアの作品はほぼ読んでいる」というユナクは舞台上でも緊張の色を隠せない様子。「映像美と俳優さんたちの演技に圧倒されました。やっぱりすごいですね」と言葉少なに感想を語ると、その会場の女性客からくすくすと笑い声が上がり、「(笑っているのは)多分…僕のファンの人ですね(笑)」とつっこむひと幕も。

 この日が初対面だという2人。江守の印象について聞かれたユナクは「僕は10年前に名古屋で留学して日本に住んでいたので、(江守さんを)見たことがありました。初めてあいさつに行ったときもオーラがあったし、存在感もある方なので今も緊張しています…」とそわそわ。そんなユナクの印象について江守は「実に爽やかで、自分が女性だったらいいなと思っています(笑)」と笑顔で返し、ユナクは汗を拭く仕草を見せながら「ありがとうございます(笑)」と恐縮しきりだった。

 数々のミュージカルやドラマで俳優としても活躍中のユナク。「大先輩である江守さんに聞いてみたいことは?」という質問に、「12月から『プリシラ』というミュージカルで、アダムというドラァグクイーン役をやることになったんです。ライブで女装をしたことはあるんですが、作品では初めてなのでアドバイスをお願いします」とリクエスト。江守は「演技というのは、観客の皆さんに自分をさらけ出すこと。思うがままに演じることが一番だと思います」と激励を送り、ユナクは「分かりました。ありがとうございます」と照れ笑いを浮かべていた。
舞台あいさつの最後には、ユナク自身から本作の日本版テーマソング「Eternal Star ~君のために~」を収録したソロアルバムが6月29日(水)にリリースすることが発表された。「去年の6月から準備して、MILKY WAYの皆さん、僕の歌が好きなファンの皆さんの気持ちになって作詞もしたし、作曲やプロデュースもしました。皆さんに満足してもらえるようにめっちゃ頑張ったので、一曲一曲を大事に聴いてほしいです」と会場に詰めかけたファンに呼びかけていた。

■映画「マクベス」
5月13日(金)TOHO シネマズシャンテ他全国ロードショー

<STORY>
舞台は中世スコットランド。有能で慈悲深いダンカン王に仕える将軍・マクベスは、反乱軍との激しい戦闘の末、勝利を収める。その岐路、謎めいた魔女が現れ、“マクベスは領主になり、そして王になるだろう”という不可解な予言を囁く。謎めいた予言を残し霧のように消えた魔女にとまどうマクベスたちの元に、王の使いが到着する。なんとコーダーの領主が死亡し、マクベスが領主となるよう勅命が下ったのだ。魔女の囁きによって、忠誠心とは裏腹に王座への野望という炎を心に灯してしまったマクベスを、言葉巧みにマクベス夫人が夫の良心を消し去ろうと画策する。そんな時、ダンカン王がマクベスの城に宿泊する日がやってくる!マクベス夫婦の野心が、人間の奥底に潜む魔性のごとき“狂気”をむき出しにしていき、やがて彼ら2人の運命は大きく狂いだす・・・。

監督:ジャスティン・カーゼル  
原作:ウィリアム・シェイクスピア  
出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、エリザベス・デビッキ、ショーン・ハリス
配給:吉本興業  
提供:アイアトン・エンタテインメント  
作品情報:2015年/イギリス/上映時間:1時間53分/レーティング:PG-12

公式サイト:http//macbeth-movie.jp
(C)STUDIOCANAL S.A / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える