• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『僕のヤバイ妻』横路役・宮迫博之「嫁が真理亜だっらホンマ怖い!」

『僕のヤバイ妻』横路役・宮迫博之「嫁が真理亜だっらホンマ怖い!」

『僕のヤバイ妻』横路役・宮迫博之「嫁が真理亜だっらホンマ怖い!」

 フジテレビ系で放送中の『僕のヤバイ妻』(毎週(火)後10・00~10・54)に出演する宮迫博之がドラマの魅力や自身の役どころについて語った。

 本作は伊藤英明演じる幸平が、木村佳乃演じる美しくも恐ろしい妻・真理亜に翻弄される心理サスペンス。宮迫は、幸平の相談相手として協力する姿勢を見せながら、内心は真理亜誘拐事件の際に消えた2億円を狙う、欲望にまみれた探偵・横路を演じる。

 宮迫は「探偵役は過去に何度もやっています。僕、おじいちゃんが探偵だったので“探偵か~知ってる、知ってる!”と親近感がありますね(笑)。子供のころ、事務所に遊びに行ってたから、こんなふうに隠しカメラ置いていたなとか、離婚調査の逆恨みで胸ぐらつかまれている現場も見たことあるし、身近でした。子供のころは“ドリフ、新喜劇、探偵物語”ってくらい松田優作さんの『探偵物語』が大好きでした。松田優作さんが演じられていた探偵とは全然違いますけど(笑)」と探偵役に対する思いを語った。

 また「役者さんは本業だから緊張感があると思いますが、僕は芸人なので、ずるい考えだけど逆に緊張感ゼロで参加させてもらっています」とリラックスして撮影に臨んでいることを明かした。

 さらに、ストーリーの主軸を担うヤバイ妻・真理亜について「怖いよ!ヤバイでしょ。あなたのことは何でも知っているのよっていう、一番怖いタイプですね。嫁があれやったらホンマ怖いわ。あんな豪華な朝食はうれしいけど、歯磨きまで見張られるのは勘弁。僕もあれをやられたら、たぶん幸平と同じ顔になります。男はそうなんです」とコメント。

 そして、今後の展開について「横路は誰のために2億円の行方を追いかけているのかに注目してほしいですね。自分のためか、家族のためなのか、幸平に協力しているようで、杏南(相武紗季)にも近づき、真理亜ともうまくやっている。誰かの味方に見えて、誰の味方にもなろうとはしていない。利用できるものを利用するという、そういう意味では全員の敵でしょうね。でも今後は、心境に変化が起きて“この女・真理亜はヤバイ、これ以上関わったらマズイ”と、横路ですら怖くなる展開が待っているかも!」と。

 5/17放送の第5話では、逃亡を図る幸平と金を奪った横路を、新たな罠でおびき寄せようとする真理亜の頭脳戦が展開。回を追うごとに緊迫感が増す心理戦に目が離せない『僕のヤバイ妻』は、フジテレビ系で毎週(火)後10・00から放送。

【5/17放送 第5話あらすじ】
2億円を奪おうとした幸平が探偵・横路に襲われた。
 やって来た妻・真理亜に、「焙煎しようとしたら誰かに襲われた」と嘘をつく夫・幸平。2億円を盗まれたことに気付いた真理亜は、「大丈夫、私が仇をとってあげる」と幸平を優しく介抱する。実は横路と争い、金の半分を手に入れていた幸平は、自分も金を盗んだことを真理亜に知られる前に、杏南と海外へ逃げようと思いつく。
そのころ、相馬(佐藤)は防犯カメラの映像の中に、緒方(眞島)が墜落死した日の朝、ビルから逃げる女の姿を発見。それが杏南ではないかと考える。いっぽうえ、幸平の店では、夫婦で食事に来た和樹(高橋)が、なぜか杏南宛てにこっそり手紙を残し……。
 金を持ち去ってから数時間後、横路の事務所に真理亜がやって来る。2億円返してくださいと単刀直入に告げる真理亜に対し、シラを切る横路。
するとしばらくして、横路の携帯電話に娘の楓(木内)から一通のメールが届く。しかしそれは、楓を誘拐したことを知らせる“N31”からのメッセージだった。そこには椅子に縛られグッタリした楓の写真が! そしてさらにもう一枚、衝撃的な写真も送られてくる。2億円を返さなければ楓の命が危ない――慌てた横路は、幸平に電話。杏南と海外逃亡に向かっていた幸平は……?

【番組概要】
タイトル:『僕のヤバイ妻』
放送日時: 毎週火曜午後10時00分~10時54分

【キャスト】
伊藤英明 
木村佳乃 
相武紗季 
浅香航大 
眞島秀和 
小園凌央
児玉絹世 
関口アナム
  ・
キムラ緑子
佐々木蔵之介
  ・
高橋一生 
佐藤隆太
宮迫博之

■番組公式サイト http://www.ktv.jp/yabatsuma/index.html

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える