• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

胸キュン必至!小松菜奈×間宮祥太朗で30年前の『高台家の人々』描く dTVで独占配信

dTVオリジナルドラマ「高台家の人々」

6月4日(土)公開の映画『高台家の人々』と連動したdTVオリジナルドラマ「高台家の人々」の制作が決定した。

映画『高台家の人々』は、「月刊YOU」(集英社)で連載中の森本梢子の同名人気コミックの実写映画化。口下手で不器用な“妄想”が大好きなヒロイン・平野木絵を綾瀬はるか、人の心が読める“テレパス”のイケメン・エリート会社員・高台光正を斎藤工が演じる。また、高台家の長女・茂子役に水原希子、次男・和正役に間宮祥太朗、高台家の母・由布子に大地真央、父・茂正Jr.(通称マサオ)に市村正親と、豪華俳優陣が出演する。

今回制作が決定したdTVオリジナルドラマでは、映画では描かれていない、若かりし頃の由布子とマサオが結ばれるまでの恋の物語を描く。dTVオリジナルキャストとなる30年前の由布子を演じるのは、小松菜奈。マサオは、映画「高台家の人々」で光正の弟・和正を演じた間宮祥太朗が一人二役を演じる。

由布子役を演じる小松は、本作について「コミックの実写化はやっぱり難しい部分もありますし、今回は特に映画の世界観もあるのでそこも大事にしつつ、由布子さんマサオさんが出会った頃を想像しながら楽しみたいです!」と。

また「映画にも出演されている間宮祥太朗さんがいらっしゃるので、相談しながら現場での2人の空気感や世界観を感じながら演じられたらいいなと思います」と意気込みを語っている。

高台茂正Jr.、通称マサオを演じる間宮は「映画の本編と連動してdTVでサイドストーリーを流すことにより、『高台家の人々』という作品が盛り上がり、より皆さんに楽しんで頂けるのではないかと思います」と。

マサオ役については「本編で市村さんが演じてらっしゃる役なので、できるだけ若い頃に似てるようにと意識をしながら、そして、市村さんが作った底抜けに明るくて真っすぐでみんなに愛してもらえるキャラクターに近づこうと思います!」と語っている。

<ストーリー>
人の心が読める“テレパス”の能力を持つ高台家の3兄弟。その能力ゆえナーバスになる事も多いが、同じ能力を持つ高台家の叔母・アンから、30年前のエピソードが語られる。
――30年前
名門私立大学の4年生でテニス一筋のスポ根少女・由布子(小松菜奈)は、オックスフォードから編入してきた高台茂正(通称マサオ/間宮祥太朗)の存在を知る。
ある日、由布子の友人の奈緒がマサオと交際する事になり祝福するが、その直後にマサオの浮気が発覚。
由布子が仲裁に立ち二人を復縁させるも、わずか1週間で破局し、マサオはすぐに由布子に告白をする。
怒り心頭の由布子は怒鳴りまくしたて、マサオを軽蔑するのだが・・・。

dTVオリジナルドラマ「高台家の人々」
配信日:2016年6月予定
出演者:小松菜奈 間宮祥太朗/斎藤工
原作:森本梢子「高台家の人々」(集英社「月刊YOU」連載/コミック既刊4巻)
監督:土方政人(映画『謎解きはディナーのあとで』)
脚本:三浦希紗
制作プロダクション:共同テレビジョン

dTVサイト:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0004387

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える