• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

斎藤工、大分県・明尊寺で移動映画館「cinéma bird」第3弾を開催!

斎藤工、大分県・明尊寺で移動映画館「cinéma bird」第3弾を開催!

斎藤工、大分県・明尊寺で移動映画館「cinéma bird」第3弾を開催!

 俳優・斎藤工が発案した「cinéma bird(移動映画館)」プロジェクトの第3弾「cinéma bird in OITA」が、5月14日(土)15日(日)の2日間にわたって真宗大谷派(東本願寺)明尊寺で開催された。

「cinéma bird」プロジェクトとは、映画館のない地域や被災地に映画を届けるプロジェクトで、一昨年の石巻、昨年の福島県広野町に続き今回が3回目。熊本にルーツがあるという斎藤自身が、大分で目的も決めずにドライブをしていたところ明尊寺の近くにたどり着いたことがきっかけで決定した。お寺と映画というのは一見ミスマッチに感じるが斎藤は「お寺というのは昔から最新のものを発表する場で、寺子屋などもやっていて、人が気軽に集まれる場所だということを考えると、お寺でやるというのもよいのではないかと思います。先月熊本・大分で起こった地震を受け、一時は中止も検討しましたが、大分の方々と密にコミュニケーションをとっていくうちに、大分は今風評被害で観光客が激減しているので盛り上げるためにぜひやってほしいということを聞き、実施を決めました。」とコメント。
 上映されたのは「小さな世界はワンダーランド」「くちびるに歌を」「エール!」といった映画のほか、フェスティバルのようなイベントにしたいという希望から、鉄拳の「振り子」「家族のはなし」、音楽ライブ・お笑いライブもある盛りだくさんの内容に。14日にはお笑い芸人・永野が登場し、「ラッセン」などの大人気ネタを披露した。

 また斎藤は、明尊寺のイベント以外にも別府ブルーバード劇場と湯布院小学校を訪問。震災の直後から通常営業を続ける老舗映画館では、斎藤が出演する「無伴奏」が上映中。監督の矢崎仁司らとトークイベントを開催した。湯布院小学校の体育館では質疑応答を交えながらトークショーを。「イケメンになる方法は?」と聞かれた斎藤は「恋をすること」と答えるなど、年頃の男の子たちの悩みに真剣に答えた。

 最後に「今日のみなさんの元気な姿を見て、何かを届けるなんておこがましい、むしろみなさんと何かを一緒にできるようになりたいと思いました。今日会えたという点を線にしていきたいです。言葉だけでなく行動で示せるように必ずします。今日のことは忘れません」と力強く締めくくった。

「cinéma bird」公式Facebook…(https://www.facebook.com/cinemabird/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える