• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「ウディ・アレンは人間を描く天才」茂木健一郎らが最新作『教授のおかしな妄想殺人』を絶賛

「教授のおかしな妄想殺人」

 6月11日(土)公開のウディ・アレン監督最新作「教授のおかしな妄想殺人」に各界の著名人からコメントが寄せられた。

 本作は、人生の不条理を独特の哲学で描いたウディ・アレンの最新作。主演は『her/世界でひとつの彼女』のホアキン・フェニックス。初めてアレンとタッグを組み、哲学教授エイブを演じた。ヒロイン役は、前作『マジック・イン・ムーンライト』から続投となるエマ・ストーン。教授に惹かれていく女子大生ジルを存在感たっぷりに演じた。

 俳優の石田純一は「追想してみると、人生ナンテ妄想のようなものなのか?“殺人”なのにこんなに爽やかな映画は、ウディ・アレンのような映画の文法を知り尽くした映像作家しか創れないだろう。いやぁ面白かった」と。

 脳科学者の茂木健一郎は「暗い衝動が、むしろ生きる糧となる。人間の『業』を受け止める視線が温かい。登場人物の誰もがユニークで、魅力的。ウディ・アレンは人間を描く天才だ」と絶賛。

 漫画家のやくみつるは「私も巷の評判じゃ、変わり者の部類。エイブ教授の‘妄想’に感化されそうになるが、幸い彼ほど人生に絶望してもいなかったW けれど、緻密な妄想は極上の愉悦でもある」と本作を評している。

<ストーリー>
夏の日差しがきらめくアメリカ東部の大学に赴任してきた哲学科教授のエイブは、真っ暗闇の中を生きていた。人生の意味を見失った彼は、慢性的に孤独な無気力人間になってしまったのだ。ある日、迷惑な悪徳判事の噂を耳にしたエイブは、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪に夢中になっていく。かくして“奇妙な目的”を発見した途端、あら不思議、エイブの毎日は鮮やかに彩られ、身も心も絶好調に一変する。一方、エイブに好意を抱く教え子ジルは、彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、燃え上がる恋心を抑えられなくなり……。

「教授のおかしな妄想殺人」
6月11日(土)丸の内ピカデリー&新宿ピカデリー&Bunkamuraル・シネマ&シネ・リーブル池袋ほか全国公開

監督&脚本:ウディ・アレン(『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』)
出演:ホアキン・フェニックス(『her/世界でひとつの彼女』)、エマ・ストーン(『マジック・イン・ムーンライト』)、パーカー・ポージー(『ブロークン・イングリッシュ』)

Photo by Sabrina Lantos(c)2015 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

原題:IRRATIONAL MAN/2015年/アメリカ/英語/95分/日本語字幕:石田泰子
<2015年カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門正式出品>
提供:KADOKAWA、ロングライド
配給:ロングライド

公式サイト(kyoju-mousou.com

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える