• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松本人志が女子大生とあうんの呼吸!『タウンワーク』新CMで弓道部の顧問に

『タウンワーク』新CM「弓道部顧問」編

 ダウンタウンの松本人志が出演する『タウンワーク』CMシリーズの9作目となる「弓道部顧問」編が5月23日(月)から放送される。

 新CMでは、大学弓道部の道場を舞台に、松本が白道衣、黒袴姿の弓道部顧問として登場する。道場の後方で目を閉じ、正座で佇む松本。松本の前には凛とした佇まいの女子部員が弓矢を構えている。松本の「バイトぉぉ~」の掛け声と同時に部員は弓を引き、「するならぁぁ~」の掛け声で発射する直前の動作に。その後深く息を吐き、意識を集中する数秒の間…。その静寂を打ち破るように、松本が“くわっ”と目を見開いて「タウンワーク!」と叫ぶと同時に、部員が矢を放つ。弓は“バシッ”と音を響かせ、見事的中。松本は満足げな表情で、部員を拍手でほめたたえる。弓道部顧問の松本と部員のあうんの呼吸が見どころだ。

 撮影では、スタジオに弓道場を再現。本格的な道場のセットでは、矢を放った際の“シュッ”という音と、的に当たった際の“バシッ”という音が響き、厳粛な雰囲気が漂う。そんな中、白道衣、黒袴姿の堂々とした姿で松本が登場。松本のセリフは「バイトするならタウンワーク」のみ。さらに動作も腕を組んでいるか、拍手をしているかのみという難しい役どころ。しかし、シリーズも9作目となり、CMの世界感を自分のものにしている松本は「バイトぉ…」と優しくささやいたかと思えば、低いすご味のある声で力強く叫ぶなど、さまざまなバリエーションを披露。頬を震わせながら全力で「タウンワーク!」と叫ぶ迫力満点の演技にスタッフも圧倒され、その後現場は笑いに包まれた。

 共演する女子部員を演じたのは、現役弓道部員の女子大生。本来は静寂の中で行うところ、CMでは松本の掛け声に合わせて弓を射っている部員たちは、「実際の弓道の試合で松本さんに声を掛けられたら的中しないかも…」と苦笑いをしていたそう。

 『タウンワーク』新CM「弓道部顧問」編は、5月23日(月)から放送。特設サイト(https://cm.townwork.net/)では、5月20日(金)よりCM映像が公開される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える