• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小栗旬が悪役に挑戦!映画につながる完全新作『ワンピース』夏SP 7・16放送

『ワンピース ハートオブ ゴールド』にゲスト出演する小栗旬

 7月23日(土)公開の国民的アニメ『ワンピース』の劇場版最新作「ONE PIECE FILM GOLD」の前日譚となる夏スペシャル『ワンピース ハートオブ ゴールド』がフジテレビ系で7月16日(土)に放送されることが決定した。

 『ワンピース ハートオブ ゴールド』は、前作映画「ONE PIECE FILM Z」を手掛けた長峯達也が監督を務める。さらに、最新作「ONE PIECE FILM GOLD」やテレビドラマ『謎解きはディナーのあとで』、『ようこそ、わが家へ』などで知られる黒岩勉が初めてテレビアニメーションの脚本を手掛ける完全オリジナルストーリーとなる。また、原作者・尾田栄一郎が今作のためだけに麦わらの一味の新衣装を描き下ろしている。

 今回のエピソードは、謎の秘宝“ピュアゴールド”に隠された「ある親子の絆」を描いた感動のアドベンチャーストーリー。ルフィたち麦わらの一味が航海をしている最中、史上最凶のトレジャーハンターとして名高いマッド・トレジャーたちからの襲撃に遭う。彼らが捜していたのは失われた伝説の島「アルケミ」から来たと言うオルガ・ミスキナという少女であった。どうやらオルガには、「この世界を買うことができる莫大な価値がある」と呼ばれる謎の秘宝ピュアゴールドを手にする方法を知っているらしく、トレジャーたちから追われているようだった。ルフィたちもピュアゴールドを獲得しようとトレジャーたちとバトルを繰り広げようとしたところに予期せぬ者が到来し…。果たして麦わらの一味はピュアゴールドを手に入れる事が出来るのか? そしてピュアゴールドに隠された秘密とは?

 今回の夏スペシャルのゲスト声優には、小栗旬が決定。小栗が演じるのは、目的の財宝のためならあらゆる手を尽くす史上最凶のトレジャーハンター、マッド・トレジャー。“ジャラジャラの実”の能力者であり、体中から鎖を自在に出すことができる鎖人間。海軍本部と裏世界を仕切る黄金帝ギルド・デゾーロからピュアゴールド探しを請け負い、その鍵を握るオルガを狙っているという役どころだ。一方麦わらの一味のナミは過去にトレジャーと出会っており、今回の再会によりその忌まわしき記憶を呼び起こすことになる…。

 アフレコについて小栗は「楽しかったです! 敵役のキャラクターなので、そういう雰囲気が出せたらなと思って演じたので、うまくはまったらうれしいです」と感想を。

 演じるマッド・トレジャーについては「ファンキーですよね。これまでのワンピースに出てきてないキャラクターだと思います」と語り、「マッド・トレジャーは笑い声が“ジャララララ”という感じで登場するので、最初台本をもらったときは“これどうしようか”と思いました(笑)。でも恥ずかしがっても仕方がないので、最初から思い切り“ジャララララ”と言いました」と語った。

 また、ファンだという『ワンピース』の声優のオファーについては、「すごくうれしかったです!実は一度依頼をいただいたときは、“これは自分の声じゃないほうがよいかな”と思う役柄だったんですけど、今回のマッド・トレジャーなら自分の声でもできるなと思って…良い役が回ってきてよかったなと思いました」と喜んだ。

 悪役を演じたことについては「どうせワンピースでやるなら敵のボスをやりたいですよね。映画『OPFG』では敵役ボスの役(ギルド・テゾーロ)を山路和弘さんが演じているんですけど、本当は山路さんの役をやりたかったです(笑)」と。

 今回の夏SPについては「自分が演じたマッド・トレジャーは最凶のトレジャーハンターと言われていますが、宝に対する欲望が純粋に向かわせているだけなので、意外に憎みきれない部分もあると思います。麦わらの一味と戦って隠されている秘宝を探すので、ワンピースらしいアドベンチャーの話だと思います」と印象を明かした。

 最後に視聴者に向けて「自分なりには新しいチャレンジをしながらつくったキャラクターです。皆さんが受け止めて楽しんでくれたらと思います」とメッセージを送った。

土曜プレミアム『ワンピース ハートオブ ゴールド』
フジテレビ系
放送日時:7月16日(土)午後9時~11時10分

■キャスト
モンキー・D・ルフィ…田中真弓
ロロノア・ゾロ…中井和哉
ナミ…岡村明美
ウソップ…山口勝平
サンジ…平田広明
トニートニー・チョッパー…大谷育江
ニコ・ロビン…山口由里子
フランキー…矢尾一樹
ブルック…チョー

マッド・トレジャー:小栗 旬 他

■スタッフ
原作:尾田栄一郎(「ONE PIECE」週刊少年ジャンプ連載中)
脚本:黒岩 勉
企画:狩野雄太(フジテレビ)、櫻田博之(東映アニメーション)、小山弘起(東映アニメーション)
協力プロデュース:梶本圭(フジテレビ)、日高俊(フジテレビ)
演出:長峯達也
制作著作:東映アニメーション

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える