• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

数原龍友、念願の声優初挑戦!公開アフレコで「出来栄えは50点」

数原龍友、念願の声優初挑戦!公開アフレコで「出来栄えは50点」

数原龍友、念願の声優初挑戦!公開アフレコで「出来栄えは50点」

 GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル・数原龍友が、海外ドラマ「レジェンド・オブ・トゥモロー」の日本語吹き替え版公開アフレコに挑んだ。

 本作はDCコミックスのヒーローたちが集結し、時空を超えて悪と闘う超大作ドラマ。数原は第6話に登場する凶悪ヴィラン(悪役)「二代目デスストローク」で声優初挑戦となり「初めてのことだったので難しいこともありましたが、新人の気持ちで取り組みました。いつもと違う環境だったのですごく緊張しました」と挨拶した。
 GENERATIONSのメンバーの中でも特にアメコミ好きだという数原は「メンバーにも自分の声を使って仕事がしたいというのをよく伝えていたので『頑張ってね』と背中を押してもらいました。ふざけて相方(片寄涼太)は『見に行こうかな』とか言ってましたけど、『絶対来るな』と。来られると余計に緊張しちゃうので(笑)。でもそういう背中の押し方をしてくれて、僕にとっては良かったです」と明かした。
 また、予定していた時間の半分ほどでアフレコ収録が終わったそうで、スタッフからべた褒めの数原だが、出来栄えについては「厳しく50点」とストイック。「自分は声優としてはまだまだド新人というか。初めてだったので、逆にこんなに有名な方の中で一緒にやらせていただけたことが光栄です。歌以外でも仕事をしていきたいという面では、ここからもっともっと上手になって、しっかり伝わるように声を使っていけたらという思いも込めて、50点」と語った。
 声優という仕事に挑戦して驚いたことや発見したことを聞かれると「普段は歌うことが基本なんですけど、声優の仕事は怒鳴るのに近いくらい声を張るんだなという印象を受けました。皆さんこんなに大きな声で録られているんだと、新たな発見でした」と。「元々、最初は声がコンプレックスだったんですけど、活動をしていく上で『話している声が特徴的だね』と言われることが増えたので、『いつかナレーションの仕事や、いつか声優の仕事もやりたい』ということを伝えていたら今回このお話をいただいたので、次はドキュメンタリー番組のナレーションとかにも挑戦したいです」と今後も声優の仕事に意欲を見せていた。

「レジェンド・オブ・トゥモロー<ファースト・シーズン>」はデジタルセル先行配信中。ブルーレイ&DVDは今秋リリースされる。

「レジェンド・オブ・トゥモロー<ファースト・シーズン>」
字幕版デジタルセル先行配信中/今秋ブルーレイ&DVDリリース
Project DCコミックス公式サイト…(https://warnerbros.co.jp/dccomics/
ワーナー海外ドラマ公式サイト…(http://www.kaidora.jp
Facebook…(http://www.facebook.com/warnertvseries)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える