• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

内博貴「夢が叶った」先輩・錦織一清と5度目のタッグでジェイ・ギャツビーを演じる

内博貴「夢が叶った」先輩・錦織一清と5度目のタッグでジェイ・ギャツビーを演じる

内博貴「夢が叶った」先輩・錦織一清と5度目のタッグでジェイ・ギャツビーを演じる

 内博貴主演の、7月から上映されるミュージカル「グレイト・ギャツビー」の製作発表記者会見が行われ、内のほか相葉裕樹、愛原実花、大湖せしる、山口馬木也、演出の錦織一清らが登壇した。

「グレイト・ギャツビー」は、F・スコット・フィッツジェラルドのアメリカを代表する小説が原作。ロバート・レッドフォードやレオナルド・ディカプリオが主演した映画でもおなじみのジェイ・ギャツビー役を、4~5年前から熱望していたという内は「ディカプリオさんの映画を見終わったあと、これをミュージカルにしたら面白いんじゃないかとビビっと来まして。それからずっと『ギャツビーをやりたい、やりたい』と言い続けて、本当に夢が叶った。久しぶりに錦さんの演出を受けられるというのも今からすごく楽しみ」と興奮気味に語った。
 山口は意外にもミュージカル初挑戦ということで「一番パニくっているのは僕です。ずっとこのお話をいただいてから楽しみは楽しみなんですけど、人前で歌ったことがないので、地に足がついていないような状態。本来ならこの作品や役についてお話ししなければならないんでしょうが、なんせその問題が頭の中から離れず…」と不安げな表情を見せた。
 また、錦織は事務所の後輩である内の魅力を「甘いマスクなんだけど、腹割って付き合うと男っぽい面がいっぱいあるのを僕は知っている」と。さらに「いい男が女性に対して一途だったり、愛を貫く役って日本ではなかなか受け入れられないので、それをどう演じるか、内の内面が出ると、かっこいいギャツビーになるんじゃないかと楽しみ。女性に一途な役を演じている男が、私生活では女性にだらしないほうがマスコミは喜ぶので、そんな大俳優になっていただきたいです」と笑いを誘った。

ミュージカル「グレイト・ギャツビー」は7月から東京、名古屋、京都、神戸にて上映。

ミュージカル「グレイト・ギャツビー」
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
脚本:羽原大介 演出:錦織一清 音楽:岸田敏志 振付:川崎悦子
出演:内博貴、相葉裕樹、愛原実花、大湖せしる、山口馬木也ほか
7月2日(土)~10日(日)サンシャイン劇場
7月13日(水)名古屋市芸術創造センター
7月15日(金)~17日(日)ロームシアター京都(サウスホール)
7月23日(土)~24日(日)新神戸オリエンタル劇場
全会場チケット同時発売! 5月28日(土)前10時より電話・WEB受付開始
チケットホン松竹…0570-000-489(前10・00~後6・00)
関東03-6745-0888 関西06-6530-0333
チケットWEB松竹(24時間受付)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える