• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

鶴田真由“しあわせのヒント”は「今の環境に感謝するということ」

鶴田真由“しあわせのヒント”は「今の環境に感謝するということ」

鶴田真由“しあわせのヒント”は「今の環境に感謝するということ」

 上野の森美術館で7/18(月・祝)まで「しあわせの国」として知られるブータンの魅力に迫る展覧会「ブータン~しあわせに生きるためのヒント~」が開催中。本展覧会のナビゲーターを務める女優・鶴田真由が登場した。

 ブータンの民族衣装「キラ」を身にまとって登場した鶴田は、「会場内の各所に、展覧会アートディレクターの松尾たいこさんのイラストとともにブータンの格言が紹介されているのですが、決して難しいことを言っているわけではないのに、心に届く言葉が多い。美しい展示品の数々だけではなく、目に見えないブータンの人々の心が感じられるつくりになっています」と展覧会の見どころをPR。

 さらに、本展覧会に合わせて今年3月にブータンを訪問した際に、パロの王宮で国王に謁見された際の秘話として「実際にお会いしてみると、とても気さくな方で親しく接してくださいました。また、日本のことが大好きだとおっしゃってくれました」と語った。また鶴田にとっての“しあわせに生きるためのヒントは”との質問には「足るを知る、つまり今の環境に感謝するということだと思います」と答えた。

 同日行われた開会式に参加するために、現ブータン国王の母であり、GNH(国民総幸福量)を提唱した第4代国王の王妃であるツェリン・ヤンドン・ワンチュク 第4代国王妃陛下が初来日された。ツェリン・ヤンドン・ワンチュク第4代国王妃陛下は、報道内覧会の後に開催された本展覧会の開会式にて、「この度の展覧会の展示物の中には、今年2月に誕生した新王子のお披露目の時に現国王と王妃が身に着けていた衣装も含まれております。これは、両国の友情を象徴しており、いかに我が国ブータンが、日本に対して親近感を抱き、重視しているかを示すものです」と語られた。

<展覧会情報>
展覧会名: 日本・ブータン外交関係樹立30 周年記念事業「ブータン~しあわせに生きるためのヒント~」
開催期間: 2016 年5 月21 日(土)~7 月18 日(月・祝) 会期中無休
開催場所: 上野の森美術館 〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
開館時間: 午前10 時~午後5 時 ※最終入場は閉館の30 分前まで
お問合せ: サンライズプロモーション東京 TEL:0570-00-3337 (全日10:00~18:00)
公式HP: http://www.bhutan2016.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える