• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

天使の歌声を持つ美しきクラシック界の歌姫、ソプラノ歌手・田中彩子の音楽生活に密着

天使の歌声を持つ美しきクラシック界の歌姫、ソプラノ歌手・田中彩子の音楽生活に密着

天使の歌声を持つ美しきクラシック界の歌姫、ソプラノ歌手・田中彩子の音楽生活に密着
(C)MBS

 6月5日(日)に放送されるドキュメンタリー番組『情熱大陸』(MBS/TBS系全国ネット 後11・00~11・30)は、ソプラノ歌手・田中彩子に密着する。

「100年に一度」とも称される“ハイ・コロラトゥーラ”の才能を認められ、世界から注目されている田中。“コロラトゥーラ”とは、超高音域を巧みに操るテクニックと、その技能を持つ歌手のことで、中でも田中の歌声は繊細さと軽さが特徴とされ「まさに天使の歌声」、「鳥のように美しい」と賞賛を浴びてきた。
もともとピアニストになることが夢だった田中の歌手への分岐点は、とある音楽研修。発声練習のとき、どこまでも伸びていく声に「ものすごい才能がある。私が教えるからウィーンに来なさい」と元宮廷歌手からのラブコールを受け、音楽の都・ウィーンに留学。右を向いても左を向いても一流ばかりというクラシックの本場で、プロ10年のキャリアを積み重ねてきた。
番組では世界でも稀なコロラトゥーラ歌手の、ウィーンでの音楽生活に密着。さらに、田中が留学当初から幾度となく通う特別な場所でのソロコンサートへ向けた姿を追う。

田中彩子プロフィール
京都府生まれ。3歳からピアノを始め、18歳でウィーンに留学し、本格的に声楽を学ぶ。22歳でスイス・ベルンの州立歌劇場でソリストデビュー。2013年、アルゼンチン・ブエノスアイレスでコンサートツアー。2014年、ウィーン二大コンサートホールの1つ、コンツェルトハウスでソリストデビューするなどヨーロッパ各国に招待され、その超絶的歌唱テクニックが絶賛されている。独身で、好きなものはジブリ映画、料理、お風呂。最近は「アルプスの少女ハイジ」を見て1人号泣したとか。

『情熱大陸』
公式サイト…(http://www.mbs.jp/jounetsu/
公式Facebook…(https://www.facebook.com/jounetsutairiku/
公式Twitter…(https://twitter.com/jounetsu?lang=ja

(C)MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える