• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

JKT48・仲川遥香、自転車で800キロ走破!「挑戦できて良かった」

「仲川遥香 伝説をつくる supported by POCARI SWEAT」

 JKT48の仲川遥香がインドネシアのジャカルタからスラバヤまで、東京~広島間に相当する約800キロの道のりを自転車で走破するチャレンジ企画「仲川遥香 伝説をつくる supported by POCARI SWEAT」が無事ゴールを迎えた。

 長距離走行の経験はおろか、スポーツ自転車の経験すらなかった仲川の今回のチャレンジ。インドネシア特有のスコールに降られたり、悪路に苦戦したりと一筋縄ではいかなかった。スタートして5日目には、予定していたコースが通行止めのため迂回、きつい山道を登ることに。それでも、各中継地点となったチェックポイントごとに仲川を迎え、励ましてくれるファンや、沿道で応援してくれるファンに支えられ、ファンヘの感謝、メンバーの大切さ、伝えたい思いを新たにした12日間となった。

 JKT48はゴールであるコンサート会場「88Avenue」で、仲川の到着を待ちながら、グループ初となるスラバヤでの屋外コンサートを実施。会場は、JKT48のコンサートを待っていた超満員5,000人のファンで埋めつくされた。コンサートでは、日本と同様にインドネシアでも人気の曲「フライングゲット」でスタート。「片想いfinally」や「Beginner」を披露した。

 ステージ横にはゴールゲートが設けられ、開演から1時間40分ほどたったころ、スクリーンにゴールに向かう仲川の姿が映し出された。ほどなく仲川本人が現れ、無事、ゴールゲートを通過。仲川はそのまま自転車でステージへ上り、メンバーに迎え入れられた。メンバーと喜びを分かち合った仲川は、本企画のサポーターである大塚製薬の現地法人P.T.アメルタインダ大塚の板東社長から花の首飾りをかけてもらい、長い旅を終えた。

 仲川の合流後は、先日の第3回総選挙によって選ばれた16人の選抜メンバーによる13枚目のシングル曲「前しか向かねえ」を披露。ラストは「ヘビーローテーション」から、ファンおなじみの「ひこうき雲」で最高の盛り上がりを見せ、約3時間のパフォーマンスは幕を閉じた。

 コンサートでは、スラバヤにて期間限定で劇場を設け、7月17日から出張劇場公演をすることを発表。ジャカルタ以外で初めて、劇場公演が観られる場がつくられるとあって、ファンから大きな歓声が上がった。

 仲川は「12日間自転車に乗っていましたが、その間本当にジャカルタに帰りたいと思ったけど、ファンの皆さんの声援やスタッフさんが協力してくれて、新しいことに挑戦できたのはすごくいい経験になったと思います。ありがとうございました!スラバヤに着いたときに、みんながハルカコールをしてくれて、本当に約2週間ぶりぐらいにメンバーと会えて、JKT48はアットホームだなと感じました。JKT48にいる時間は残り少ないけど、ファンの皆さん、そしてJKT48メンバーと一緒にいれるのはいいなと思いました。アンコールからの参加だったけど、みんなはすごく盛り上がってくれて。私の最初の一曲目はアンコールでした。久しぶりにステージに上がったから、やっぱりステージは楽しいな。。。とあらためて感じました。最初からコンサート参加したかったな、という気持ちもちょっとありますが、今回自転車に挑戦できて本当に良かったです!」とチャレンジを終えた心境を明かした。

(c)JKT48 Project

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える