• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「ちょっと分からなかった(笑)」具志堅用高が「アイアン・フィスト」宣伝隊長に

映画「アイアン・フィスト」宣伝隊長に就任した具志堅用高

 クエンティン・タランティーノプレゼンツの映画「アイアン・フィスト」の除幕&装着式が5月14日(火)、東京・大田区のゴールドジム サウス東京アネックスで行われ、宣伝隊長の具志堅用高が登壇した。

 劇中でRZAが演じる鉄の拳を持つ男“アイアン・フィスト”に扮した具志堅用高は、「この映画何回か観させてもらったけど……動きが速くてちょっと分からなかった(笑)」と宣伝隊長にあるまじき発言で笑わせたが、「日本にはこんな本格的なカンフーないですよね。高校時代にはブルース・リーの映画とかをよく観ましたけどそんな感じがしました。ボクシングのリングと同じで倒すか倒されるかの戦いは手に汗握ります!」としっかりPR。

 さらに、日本が世界に誇る特殊造形師・西村映造によって再現された、具志堅用高サイズのアイアン・フィスの除幕式が。装着した具志堅用高は、「ああ、ぴったり。重みがあって感じがいい!素手よりもグローブみたいのをはめると血が騒ぐね。これさえあれば拳銃以外には勝てる。現役チャンピオンの井岡(一翔)も倒せるな。武井壮なんて気づいたら倒れてるよ」とノリノリ。続いて「でも中はすごい熱くて汗だくなんだ」と正直なコメントで笑いを誘った。

 最後に具志堅は映画について「とにかくアクションがすごいスピード。上体だけでなく下半身のフットワークを駆使して、体の柔らかさも活かしているところも本格的なアクションだと思ったね。悲しみの中に感動もあるし、弱い心を持っている人間はこれを観て強くなれっ!って言いたいね。俺が宣伝隊長をやるんだからこの映画もワールドチャンピオンになってほしい!」と締めくくった。

 クエンティン・タランティーノプレゼンツの映画「アイアン・フィスト」は、2013年8月3日(土)、渋谷シネクイントほかにて全国公開予定。

映画「アイアン・フィスト」(http://ironfists.jp
監督・脚本:RZA
共同脚本:イーライ・ロス
出演:ラッセル・クロウ、RZA、ルーシー・リュー、リック・ユーン、ジェイミー・チャン、カン・リー、デビッド・バウティスタ、バイロン・マン、ダニエル・ウー、パム・グリア
2012年/アメリカ/96分/カラー/スコープサイズ/SRD,SR/
原題:The Man With The Iron Fists

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える