• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

dTVがApple TVに対応!テレビ視聴デバイスがさらに拡充

dTV

 映像配信サービス「dTV」が、6月16日よりApple社が販売するメディアプレイヤー「Apple TV」への対応を開始した。

 dTVは、昨年からソニー、パナソニック、東芝など各テレビメーカーが販売するテレビや、Amazon Fire TV、Fire TV Stickなどのテレビ視聴デバイスに対応。より一層気軽にテレビで楽しめるよう視聴デバイスの拡充を進めてきた。今回の「Apple TV」への対応で、付属のリモコン一つでdTVをテレビで楽しめるようになる。

 また、Apple TV内のUIには、スマートフォンアプリ同様、自動で流れてくる予告編から見たい作品を直感的に選べるdTV独自の「ザッピングUI」を採用。dTVならではの使い心地そのままに、人気アーティストのライブ生配信や、CS放送のFOXチャンネルをリアルタイム配信するdTV「FOXチャンネル」など、dTVで提供する作品をすべて楽しめる。

 視聴方法は、App StoreからdTVアプリをインストールし、アプリ起動後に表示されるシリアルキーを、普段視聴しているデバイス(スマホ・パソコン・タブレット)から入力。以降は、付属のリモコンだけで視聴することができる。dTVは登録アカウント1つにつき最大5つのデバイスまで利用可能で、外出時や自宅など、シチュエーションに応じて最適なデバイスで楽しめる。

dTV「Apple TV」対応 概要

■視聴方法
1.Apple TVでApp StoreよりdTVをインストール。
2.普段使用されているdTV視聴デバイス(スマホ、パソコン、タブレット)を起動。「アカウント」→「dTV対応テレビで視聴する」をタップし、テレビ画面に表示されたシリアルキーを入力。
3.Apple TVで見たい作品を選択。

dTVテレビ視聴 対応デバイス一覧
・dTVターミナル
・Amazon FireTV・Fire TV Stick
・Chromecast
・NexusPlayer
・AppleTV(AirPlay)
・ひかりTVチューナー
・ソニー「ブラビア(R)」シリーズ
・パナソニック「ビエラ」シリーズ
・Android TV(TM)機能を搭載したテレビ
・東芝「レグザ(REGZA)」シリーズ

dTV公式サイト(http://video.dmkt-sp.jp

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ