• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

細川茂樹、夫婦円満の秘訣は“ペガサス流星拳”「聖闘士星矢30周年展」18日開幕

「聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya」お披露目会

「聖闘士星矢」の誕生30周年を記念した企画展「聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya」が、6月18 日(土)から29日(水)の12日間、東京・秋葉原にて開催される。これに先駆けて、お披露目会が行われ、アニメ「聖闘士星矢」の主題歌「ペガサス幻想」を歌うNoB、「聖闘士星矢」のファンで、昨年発売されたフィギュアのテレビCMにジェミニ部長として出演した俳優・細川茂樹が登壇。作品の魅力や本企画展の見どころについて語った。

 本企画展は、「聖闘士星矢」史上初となる、原画・アニメーション・フィギュアなど作品に関連するあらゆるアイテムを集めた企画展。本邦初お披露目を含む等身大「黄金聖闘士」 全12体の展示をはじめ、ファンが一緒に楽しめる内容を予定している。

 30周年を迎えた気持ちについてNoBは、「僕は『聖闘士星矢』に30年間支えられて頑張ってこられた。世界中で大人気の作品に携われて本当に幸せ」と。「聖闘士星矢」のファンでもある細川は、「日本を代表するアニメの一つなのでイベントに呼ばれてすごくうれしい。連載が開始された当時は、『星矢かっこいい。髪形を星矢にしたいな』と思いながら憧れていました」と語った。

 さらに、細川は「聖闘士星矢」の魅力について、「世界観に勇気をもらえますし、いろんな媒体でも見るので、あの時の純粋な気持ちに戻れるのがいい」と語りつつ、「たまに奥さんにちょっと言われても『ペガサス流星拳を出すぞ!』って言うと、場が和んで夫婦仲にも役立っていますね」と意外な一面を明かした。

 また、ひと足早く展示を見た二人は「星矢の聖衣(クロス)をバーチャルで装着してペガサス流星拳を打てる体験コーナーはいいですね」(NoB)、「NoB さんが体験してる姿がかわいかった!」(細川)と楽しんだ様子。一番の目玉となる黄金聖闘士(ゴールドセイント)12体の等身大立像の展示について、細川は「この中の1体どれか持ち帰りたいですね」と語った。

 最後に、自身にとっての「聖闘士星矢」の存在について聞かれると、NoB は「僕にとってアニソン歌手としてのアイデンティティです。これからも歌い続けていきたい!」と意気込みを語った。細川は「家電で例えるとエアコン。いつも暖かく、そしてクール」と答え、家電俳優らしい回答で会場を笑わせた。

 「聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya」は、6月18日(土)から29日(水)の12日間、秋葉原UDX にて開催される。

「聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya」
秋葉原UDXにて2016年6月18日(土)~6月29日(水)開催

聖闘士星矢30周年展公式サイト(http://saintseiya-ten.jp/
聖闘士星矢30周年公式サイト(http://seiya30th.com/

(c)車田正美(c)車田正美・東映アニメーション(c)車田正美/集英社・東映アニメーション

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える