• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

八代亜紀、大役に感激!「46年八代亜紀をやってきてよかった」

八代亜紀

 7月16日(土)公開の映画『ファインディング・ドリー』のエンドソングに名曲「アンフォゲッタブル」が起用され、日本版エンドソングを八代亜紀が歌うことが決定した。八代はディズニー歌手初挑戦となる。

 『ファインディング・ドリー』は、アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞し、日本でのディズニー/ピクサー歴代興収No.1を誇る『ファインディング・ニモ』の1年後の世界を描く続編。忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかった《家族の思い出》を探すため、ドリー、ニモ、マーリンに加え、新キャラクターのタコのハンクやジンベエザメのデスティニーら新しい仲間たちと、危険がいっぱいの“人間の世界”に飛びだす冒険ファンタジーだ。

 八代は、日本人アルバム史上最大級となる世界75か国でジャズアルバムを配信し、海外のジャズクラブでのライブを行うなど世界のジャズシーンで活躍。日本の心を歌い上げ、ジャズ界でも大活躍されている八代なら、「アンフォゲッタブル」に込められた深い愛と感情の機微を日本中に届けられるということが起用の理由だという。

 八代は、「びっくりすると同時にとてもうれしいです!歌ってきてよかった、46年八代亜紀をやってきてよかったです」と喜び、「今回カバーしたことで、八代亜紀としての視野が広がった気がします」と。

 歌詞については、「“忘れられない”という気持ちに対して、“大丈夫だよ、忘れてないよ”と言っている言葉が大好きです。ドリーの場合はそれが両親で、“忘れてないよね、心の中にあるよね”という親への想いなんです」と語った。

 八代は日本版エンドソングの歌唱に加え、日本語吹替版に声優としても初参加していることも明かされた。どんな役なのかはまだ発表されていないが、八代は「歌に加えてダブルでうれしい!重要な部分で声の出演もしていますので、お子さんも大人の方も皆さんに観てほしいです!」と本作をPRした。

 『ファインディング・ドリー』は7月16日より全国公開。

『ファインディング・ドリー』
7月16日(土) 全国ロードショー

監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:アンガス・マックレーン
製作総指揮:ジョン・ラセター

日本語版声優:木梨憲武(マーリン役)、室井滋(ドリー役)

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

(c)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える