• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『ぶっこみジャパニーズ』第6弾放送直前!おぎやはぎからSPコメントが到着

『ぶっこみジャパニーズ』第6弾放送直前!おぎやはぎからSPコメントが到着

『ぶっこみジャパニーズ』第6弾放送直前!おぎやはぎからSPコメントが到着

 おぎやはぎがMCを務める『ぶっこみジャパニーズ6』が本日6月21(火)午後7・00よりTBSにて放送。

 番組では、世界中で急増中している日本文化「クールジャパン」のニセモノを成敗するため、日本が誇るカリスマが正体を隠して潜入調査する。初回の放送から話題を呼び、早くも第6弾を放送。今回は、日本に対するイメージだけが勝手にガラパゴス化してしまっているキューバのダメ寿司屋をはじめ、アメリカのオハイオ州にあるダメ忍者道場、来日経験がなく、うどんのことを詳しく知らないというオーナーが経営するメキシコのダメうどん店に潜入。さらに、日本国内の「本家に知られたら、苦い顔をされそうな怪しいメニュー」を紹介する新コーナーも登場。

 収録を終えたおぎやはぎは「今回も外国でとんでもない人がいました。6回目ですけど、寿司に関しては1番酷かったんじゃないかな」(矢作兼)、「今までと違って、社会主義国のキューバっていうのがあるからね。情報も入ってこないわけだから」(小木博明)、「たいした情報もなく、彼らなりに一生懸命やっていたわけですから、基礎を知らなすぎるのは仕方がないことですね」(矢作)とそれぞれ感想を語った。

 イチオシについては矢作が「忍者はおもしろかった!単純にお笑いとしておもしろい!」と絶賛すると、小木も「忍者は確かにおもしろい。ちゃんとまじめにやっているからおもしろいんでしょうね。忍者が大好きで信じてやっているからおもしろい」と賛同。「笑いの基本を知ってますね。ふざけるときは、まじめにやらないと笑えないというお笑いの大前提をちゃんと素でわかっている感じ。真剣にやってふざけているというね」(矢作)とコメントした。

 また、「最近は和食ブームで海外でも和食のおいしいお店も多くなったんですけど、まだまだこういった(番組で放送するような)お店があるので、海外に行ったときには気をつけないといけない。海外に行ってダメなお店を見つけたらTBSにご一報ください。スタッフのリサーチが楽になるんでね(笑)」と矢作が呼びかけると、「そしたらこの番組も頻繁にやれるようになれそうだし、俺らも現場に行くしね」と小木も今後の放送に意欲をみせた。

『ぶっこみジャパニーズ6』は本日6/21(火)後7・00よりTBSにて放送。

<出演者>
MC:おぎやはぎ
ゲスト:梅沢富美男、振分親方、山村紅葉、高畑裕太、浅田舞、トリンドル玲奈

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える