• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「でぶせん」まさかの実写化!“みっちゃん”が連ドラで登場

「でぶせん」まさかの実写化!“みっちゃん”が連ドラで登場

「でぶせん」まさかの実写化!“みっちゃん”が連ドラで登場

「ヤングマガジン」で連載中の人気コミック「でぶせん」が、動画配信サービス「Hulu」にて実写化されることが決定した。ドラマは全6話で、今夏配信スタート予定。

「でぶせん」は原作・安藤夕馬×漫画・朝期まさしの学園コメディで、2人が手がけた「サイコメトラー」シリーズでもおなじみの“デブのキモメン”、みっちゃんこと福島満が主人公。コスプレ衣装の買いすぎで借金地獄に転落し、自殺を試みようと富士の樹海へ向かった満は、顔も名前も自分とそっくりな女性教師・福島満子の死体と遭遇。彼女の魂が乗り移ったかのように、得意の女装で「帝辺高校」の教師として新たな人生を踏み出すが、そこは殺し合いももろともしない最悪の不良たちの巣窟だった。地獄絵図のような環境の中、ヘタレな女装デブ教師=でぶせんの満が奇跡的な偶然と誤解の重なりによって生徒たちを更生させていく…!

 女装を隠そうとするも、日々エッチな妄想をしてしまう“ご立派な性欲の持ち主”の満は、女生徒のパンチラや、林間学校での一糸まとわぬ同僚女性教師&女生徒との混浴に体が反応してしまい、あわや正体がばれそうになることもしばしば…。そんな“お色気”も満載な抱腹絶倒の学園ドラマが、この夏、いよいよ禁断の幕を開ける。

 脚本は『喰いタン』『デカワンコ』などの伴一彦が担当。気になるキャストは今後発表となる。

 安童夕馬先生、朝基まさし先生コメントは以下のとおり。

<安童夕馬先生>
『でぶせん』のみっちゃんは、初登場時は『サイコメトラーEIJI』の脇役でした。それがついに、ドラマで主役を張ります。大出世です!(笑)。もう、応援するしかない気持ちです。がんばれ、みっちゃん。ドラマでエイジを食ってみせろ! みなさんもぜひ、応援してくださいね、「ホホホのホ」。

<朝基まさし先生>
 女装マニアの福島満というキャラクターの誕生はもうかれこれ18年も前になります。『サイコメトラーEIJI』の脇役でした。幸いにも読者の皆さんにかわいがっていただき、ついに初の映像化! 我が子の成長を見るようで本当に楽しみです。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ