• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“カエル男”から着信…小栗旬主演『ミュージアム』恐怖映像公開

『ミュージアム』

 小栗旬主演、大友啓史監督のスリラーエンターテイメント『ミュージアム』に登場する殺人アーティスト・カエル男をフィーチャーした“スマホジャックムービー”と“前売特典”の情報が解禁された。

 『ミュージアム』は、2013年に「ヤングマガジン」で連載された巴亮介の同名コミックを映画化。想像を絶する過激描写と、ち密に練られたストーリー構成、裁判員制度の問題という奥深いテーマも盛り込み、連載終了後も熱狂的ファンを増やし続けている、残虐性とゲーム性を兼ね備えた超・問題作だ。

 主人公・沢村久志刑事を演じるのは小栗旬。ほかに尾野真千子、野村周平、大森南朋、松重豊ら実力派俳優陣が出演する。監督は、『るろうに剣心』などを手掛けた大友啓史。

 今回解禁された“スマホジャックムービー”は、まるで自分のスマホが勝手に作動し、制御不能になってしまうような極めてリアルな演出を施した恐怖映像。動画を再生すると天気予報の映像が流れるが、突如画面にノイズが入ると、晴れ予報の表示が雨に。「雨が降ると、奴が来る…」スマホが壊れてしまったかのようにさまざまなアプリが起動し、暴走してしまう。そして、映画に登場する殺人アーティスト、“カエル男”から恐怖の着信がくるという、トラウマ必至のムービーに仕上がっている。

 また、“カエル男”が犯行現場に必ず「ドッグフードの刑」や「母の痛みを知りましょうの刑」などと書かれた謎のメモを残していくことから、そのメモにならった“お仕置き付箋”が本作の前売特典となる。デザインは、CGクリエイター、声優、監督として大活躍中の「秘密結社 鷹の爪」のFROGMANが担当。かわいいけどちょっと不気味な“カエル男くん”のキャラクターイラストを書き下ろしている。

 FROGMANは「僕のFROGMANという名で、まさかこんな形でかかわる機会を頂けるとは思いもよらず、しかも僕の作風とは真逆なシリアルキラーとは!どこかユーモラスな蛙男。きっと日本映画史に残る愛すべきキャラとなるでしょう!」とコメントを寄せている。

 『ミュージアム』は、11月12日(土)全国ロードショー。

映画『ミュージアム』スマホジャックムービー

“あなたは有罪!?判決!お仕置き付箋”付き特別鑑賞券/ムビチケカード 詳細
発売日:7月1日(金)
価格:¥1,400(税込)
※劇場窓口での購入者限定の非売品※数量限定 。無くなり次第終了

【使用方法】
なんでも刑にしてしまうオリジナル付箋。
殺人アーティスト“カエル男”にならって、刑を宣告しよう!

『ミュージアム』
11月12日(土)全国ロードショー

出演:小栗旬 尾野真千子 野村周平 丸山智己 伊武雅刀 田畑智子 市川実日子 大森南朋 松重豊
原作:巴亮介「ミュージアム』(講談社「ヤングマガジン」刊)
監督:大友啓史
脚本:高橋泉 藤井清美 大友啓史
製作:映画「ミュージアム」製作委員会
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:http://www.museum-movie.jp

(c)巴亮介/講談社(c)2016映画「ミュージアム」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える