• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

水原希子が『ワンピース』夏SPで声優初挑戦!浜辺美波、渋川清彦も

水原希子

 7月16日(土)に放送される『ワンピース~ハートオブ ゴールド~』(フジテレビ系)に、声優初挑戦となる水原希子、浜辺美波、渋川清彦の出演が決定した。

 本作は、7月23日(土)に公開される劇場版最新作「ONE PIECE FILM GOLD」へつながる感動のアドベンチャーストーリー。史上最凶のトレジャーハンター、マッド・トレジャー役で俳優・小栗旬がゲスト声優する。

 水原が演じるのは、マッド・トレジャーの手下で、宝石が大好きなアーチャー・クイーン、ナオミ・ドランク。常に酔っぱらっているため怒らせるとやっかいだが、酒を飲めば飲むほど弓の命中率が上昇。他の手下から“ナオミ姉さん”と呼ばれ恐れられていて、マッド一味の中で最も宝石を体中につけまくっている。マッドと共にピュアゴールドを探してルフィたちを襲撃するという役どころだ。

 浜辺が演じるのは、失われた伝説の島「アルケミ」から来たオルガ・ミスキナという少女。謎の秘宝ピュアゴールドを手にする方法を知っていると思われてマッド・トレジャーたちから狙われている。偏屈な性格だが、ルフィたち麦わらの一味と共に行動するうちに信頼感を深めていく。物語の後半ではピュアゴールドに隠されたオルガと父親の絆が描かれる。

 渋川が演じるのは、サイエンティストでオルガの父であるアシエ・ミスキナ。“この世界を買うことができる莫大な価値がある”と言われる謎の秘宝ピュアゴールドを生み出した人物だ。彼は一体どのような理由でピュアゴールドを作ったのか…。そしてオルガと離ればなれになり死んだと思われていたアシエはどのように生きてきたのか…。激動のストーリーと共にひもとかれていくアシエとオルガの親子のエピソードにも注目だ。

 夏スペシャルの監督を務めるのは、前作映画「ONE PIECE FILM Z」を手掛けた長峯達也。そして、ドラマ『謎解きはディナーのあとで』や『ようこそ、わが家へ』などで知られる黒岩勉が初めてテレビアニメーションの脚本を手掛ける。さらに、原作者・尾田栄一郎が、今作のためだけに、麦わらの一味の新衣装で描き下ろしているのも大きな見どころだ。

 『ワンピース ハートオブ ゴールド』は、フジテレビ系で7月16日(土)午後9時から放送。

<キャストコメント>
■水原希子(ナオミ・ドランク役)
「『ワンピース』は子供の時からずっと見ていたので、出演が決まってとてもうれしかったです。アニメのキャラクターに声を合わせていくというのが初めてだったんですけど、深く考えずに自分が思ったとおりにやってみました。監督にも気に入っていただいて、楽しかったです。ナオミ・ドランクは酒好きでちょっとやんちゃなキャラクターなので、常にけんか腰の口調でいるところに気をつけました。普段は男勝りなんですけど、実際に攻撃されるときは女の子っぽくなっちゃったりするので、その二面性を見せられたらいいなと思って演じました」

■浜辺美波(オルガ・ミスキナ役)
「『ワンピース』に出演が決まってうれしかったです。初めてのアフレコはとても難しくて苦労しました。監督さんに気持ちの表現を教えていただきながら何とか終えましたが、食べ物を食べるシーンで、“もぐもぐ”とか声で表現するところが特に難しかったです。オルガ・ミスキナは口調がキツイところもありますが純粋な女の子だと思いました。『ワンピース』はみんなで前を向いて冒険をしていくところに元気をもらえます。爽やかなストーリーで見ていて楽しいです」

■渋川清彦(アシエ・ミスキナ役)
「身にあまる光栄です。初めての体験はなかなか苦しく楽しくて、監督はじめプロの作り手の方々に身をゆだねて『ワンピース』の世界に入れるよう、精一杯アシエをやらせてもらいました。娘を思う父親の気持ちが少しでも表現できていたら幸いです」

土曜プレミアム『ワンピース ハートオブ ゴールド』
フジテレビ系
7月16日(土)午後9時~11時10分

■キャスト
モンキー・D・ルフィ…田中真弓
ロロノア・ゾロ…中井和哉
ナミ…岡村明美
ウソップ…山口勝平
サンジ…平田広明
トニートニー・チョッパー…大谷育江
ニコ・ロビン…山口由里子
フランキー…矢尾一樹
ブルック…チョー

マッド・トレジャー…小栗 旬
ナオミ・ドランク…水原希子
オルガ・ミスキナ…浜辺美波
アシエ・ミスキナ…渋川清彦

■スタッフ
原作:尾田栄一郎(『ONE PIECE』週刊少年ジャンプ連載中)
脚本:黒岩勉
企画:狩野雄太(フジテレビ)、櫻田博之(東映アニメーション)、小山弘起(東映アニメーション)
協力プロデュース:梶本圭(フジテレビ)、日高峻(フジテレビ)
演出:長峯達也
制作著作:東映アニメーション

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える