• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「サイレントヒル:リベレーション3D」吹替版に浪川大輔、釘宮理恵らが出演

主人公ヘザーに好意を寄せる少年ヴィンセント(右)と、彼を演じる浪川大輔(左)

 映画「サイレントヒル:リベレーション3D」の吹き替え版キャストが新たに発表された。

「サイレントヒル:リベレーション3D」は、累計840万本を売り上げた大ヒットゲームを完全映画化した人気シリーズで、GACKTが日本版イメージソングを担当する。

 主人公のヘザーに好意を寄せる少年ヴィンセント役に浪川大輔、ヘザーの父親であるハリー・メイソン役に前作から引き続き山野井仁、私立探偵ダグラス・カートランド役に大塚芳忠、教団を率いる女司祭クローディア役に田中敦子、へザーの母親ローズ役に前作から引続き渡辺美佐、アレッサの母親ダリア役にこちらも前作から引き続き定岡小百合、クローディアの父親レナード役に石田太郎、へザーの分身シャロン/アレッサ(子供)役に釘宮理恵ら超豪華声優陣が担当。

 ヴィンセント役の浪川大輔は「この時代の技術が存分に発揮されている映像美と人物の葛藤や絆も丁寧に描かれています。映画の素晴らしさを是非味わってください」とコメント。

 ハリー・メイソン役の山野井仁は「お父さんは今回も娘や妻のためにがんばってますよ~!収録時は白黒の映像でしたが、それでも十分怖かったです。サイレントヒルの独特の空気感、ぜひご堪能ください」とPR。

 ダグラス・カートランド役の大塚芳忠は「私も声優人生30年。様々やってきましたが、中々ないよ、こんな恐ろしいの。半端でない残酷さ。決して逃げられない闇。とにかく痛い!私も痛い目に遭います。それを3Dで。あ~こわい!!」と映画の怖さをユーモアを交えて語った。

 なお、主役のヘザー/アレッサ役は後日大発表予定。映画「サイレントヒル:リベレーション3D」は、3D/2D、字幕/吹き替えで、7月12日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。

「サイレントヒル:リベレーション3D」公式サイト(http://silenthill3d.gacchi.jp)
公式Facebook(https://www.facebook.com/SilentHill3d)
公式Twitter(https://twitter.com/silenthill_3d)
公式LINE(@silenthill3d)

監督・脚本:マイケル・J・バセット/音楽:山岡晃
出演:アデレイド・クレメンス、ショーン・ビーン、ラダ・ミッチェル、
マルコム・マクダウェル、キャリー=アン・モス

A Canada-France Co-Production (c)2012 Silent Hill 2 DCP Inc. and Davis Films Production SH2, SARL.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える