• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

漫画家・永井豪が映画と人生を語る ムービープラス「この映画が観たい」7・4放送

漫画家の永井豪

 CS映画専門チャンネル「ムービープラス」で放送中のオリジナル番組『この映画が観たい』7月放送回に漫画家の永井豪が登場する。

 永井は中学一年生の頃に観たという「未知空間の恐怖光る眼」について、「知らない世界を観たいという好奇心に火をつけてくれた作品で、想像力をかき立てられました。大人から見れば超能力を使う子供たちは恐怖の対象なんですけど、子供だった自分の目には、大人たちを簡単に操れる超能力がうらやましく映りました。実はこの映画に出てくる金髪の子供は、デビルマンの飛鳥了というキャラクターのイメージモデルになったんですよ」と、自身の作品に多大な影響を与えたことを明かした。

 幼い頃から影響を受け、憧れの先輩である手塚治虫と、アメリカ滞在中に観たという思い出の映画「シャイニング」については、「映画冒頭の空撮や、ホテルの廊下を三輪車が進んでいくシーンのカメラワークが斬新で驚きました。あと、人間が持つ狂気を感じさせてくれて“恐怖はこう作るんだ”ということを教えてもらった。僕も手塚先生も大満足で映画館を出て、その後レストランで映画についてたくさんお話をしました。自分にとって、あれは大切な時間でした」と懐かしそうに語った。

「マッドマックス」シリーズについては、「1作目のパンフレットの絵を描いてほしいとオファーがありました。その絵は、2作目公開時に来日したメル・ギブソンにプレゼントしちゃったんだけど、今思えばサインでも書いてもらってとっておけばよかった(笑)。『マッドマックス』の世界観は大好きです。僕の漫画の『バイオレンスジャック』という作品は戦国時代劇として連載を考えていたんですが、少年マガジン編集部に『時代劇はウケない』と言われてしまったので、むちゃくちゃな設定で現代劇にしたんです。こういう作品は自由な表現が可能ですから、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』もやりたいことを思いっきりやったんだな、というのが伝わってきて楽しかったです」と、同世代のジョージ・ミラー監督のものづくりに対する姿勢に感銘を受けたそう。

 ほかにも、漫画家を目指すことになったきっかけや仕事に対するスタンスなど、映画の話に人生のエピソードを絡めて語りつくす。「この映画が観たい#34 ~永井豪のオールタイム・ベスト~」は、ムービープラスで7月4日(月)23時から初回放送。

 なお、ムービープラスでは、「シン・ゴジラ」7月29日(金)公開を記念して、「特集:怪獣VSロボット」と題した特集を7月30日(土)と31日(日)の2日間に渡り放送。「ゴジラ」はもちろん、永井豪の漫画のエッセンスをふんだんに盛り込んだ、ギレルモ・デル・トロ監督作『パシフィック・リム』や、「ゴジラ」に影響を与えたレイ・ハリーハウゼン特撮監督長編デビュー作『原子怪獣現わる』など、計5作品を放送する。

「この映画が観たい#34 ~永井豪のオールタイム・ベスト~」
初回放送:7月4日(月)23:00~23:30
再放送:7月8日(金)18:30~19:00、13日(水)11:15~11:45、22日(金)18:30~19:00、28日(木)11:15~11:45

8月は元バレーボール選手で、スポーツキャスター・女優の大林素子が登場

「この映画が観たい」公式ページ(http://www.movieplus.jp/guide/mybest/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える