• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

上川隆也がピクサーにスカウト!?『ファインディング・ドリー』監督来日会見

『ファインディング・ドリー』の監督来日記者会見

 7月16日(土)公開の『ファインディング・ドリー』の監督来日記者会見が行われ、アンドリュー・スタントン監督とアンガス・マクレーン共同監督が記者会見に登場。「アニメーションに対して文化的なリスペクトを持っている日本でこの『ファインディング・ドリー』を公開でき、とてもうれしい!」と喜びの声を上げた。

 歴史的大ヒットの要因を聞かれたアンガス共同監督は「世界中で愛された作品でドリーもニモも好きになってもらえた。大人になった人たちがドリーのことを気にかけ、旧友にまた会えるような気持ちで楽しんでくれたんだ」と答えた。

 全世界で社会現象となった作品の続編でドリーを主人公にした理由について、アンドリュー監督は「続編は作らないと言ってきたが、ドリーがマーリンやニモを失うかもしれない、彼女の家族が見つからないかもしれないと心配で、続編のことが頭から離れなくなったんだ」と。“忘れんぼう”という欠点を持つドリーを通して伝えたいことを聞かれると、「作品で普遍的な真実を伝えたいと思っている。欠点はあるけど、そのありのままの自分を受け入れた時、心の平穏や自信を持つことができると感じてもらえたら」と語った。

 本作でのニモの役割を聞かれると、アンガス共同監督は「ニモは前作で大海を渡った経験からの自信があり、それをドリーに伝えたいと思ってるんだ。ドリーとの絆を大事にしてるけど、彼らの絆がどうなるか、緊張の展開も待っているよ」と。また、アンドリュー監督は映像へのこだわりについて「前作の精神や通じるものを大切にしながら、技術の進化も最大に活用し作品をアップグレイドさせた。我々ピクサーの集大成としての最高のエンターテイメントを作った。細部へのこだわりや細かい仕掛けもあり、いろんな驚きを感じてもらえると思うので、1度と言わず何度も観て楽しんでもらいたい」と語った。

 その後、スペシャルゲストとして日本語吹替版キャストの室井滋、木梨憲武、上川隆也、中村アンが『ファインディング・ドリー』の特注帽子を被って登場。アンドリュー監督が帽子についてコメントすると、通訳の前に木梨が「こんなに似合っている人はいない!できれば実写で使いたい」とまさかの通訳で会場を爆笑で包んだ。

 ドリー・ブルーのワンピースで登場した室井は「今回はドリーが主役と伺いとても驚きましたが、本当にうれしかったです。吹き替えにのめり込むあまり、すっかり自分がドリー化してしまっているんです。今日も初めての会場なのでトイレから戻れなくなったり…。おかしいですよね」と忘れんぼうな一面を披露した。

 ニモのマーリンの声を演じた木梨は「今回も『ドリー!ニモ―!』って叫び声を中心に厳しいスタジオに一人ぼっちで頑張りました。完成版を観たら見事でした!前作より進化して素晴らしい映像とストーリー!前作の時に生まれてなかった娘も今は大きくなったので、子供と観たい!アメリカではとんでもない記録が出て、次は日本。よろしくお願いします!」と語った。

 ハンクの声を演じた上川は「昔からピクサー作品が大好きだった私がニモの続編に出演できるなんて本当に光栄です。ハンクやドリーと一緒に冒険してください」と。自身初となる声優を務めた中村はジンベエザメのデスティ二―・ブルーの衣装に身を包み「オーディションのチャンスを頂き、絶対にやりたい!って全力を出し、役を頂くことができました!今日ここにいることが感動的です!」と話した。

 実際にキャストたちの声を聴いたアンドリュー監督は「本当に素晴らしかった!映像は英語の口に合わせて作っているのに、オリジナルのようなクオリティ、まさにピッタリ!」と大絶賛した。

 海中をイメージした記者会見場では、大きなスクリーンに海を再現。アンガス共同監督は“ドリー”を、アンドリュー監督は“ニモ”を描き、スクリーンの海に入れると、会場からは驚きの声が。続いて日本語吹替版キャストから監督たちへのプレゼントとして4人が描いた魚もスクリーンの海に登場。上川が描いたタコのハンクの登場に「素晴らしい!一緒にピクサーで働かないか?」とその画力からスカウトも。

 キュートなニモを描いた中村の画に続き、室井のハート付きのドリーが登場、最後に木梨が描いたカラフルな≪ノーリー≫という名の魚が登場し、会場を笑わせた。

 さらに木梨の≪しげる≫と≪大山さん≫という名の魚が登場し、スクリーンいっぱいに泳ぐ魚たちで、映画さながらの水中の世界が再現された。

 最後にドリーとニモが描かれた『ファインディング・ドリー』オリジナル提灯を贈呈された2人の監督は「美しい贈り物をありがとう!」と大感激。室井が「この夏、暑くなりそうですが、ぜひ涼しい劇場へお越しいただき、この夏一番の思い出を作ってくださいね!ドリー、マーリン、ハンク、デスティニーも劇場で待っています」と映画をPRし、アンドリュー監督も「愛情で作ったスケールアップした本作をぜひ日本の皆さんに楽しんでほしい」と呼びかけた。

『ファインディング・ドリー』
7月16日(土)全国ロードショー

<ストーリー>
「ファインディング・ニモ」の奇跡の冒険から1年。カクレクマノミのニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまう、忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは《家族の思い出》。「今度は僕がドリーを助けてあげる」──ニモと父マーリン、そしてカメのクラッシュや個性豊かな新しい仲間たちも加わり、ドリーの家族を探す感動の冒険が始まる。
その秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた…。

監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:アンガス・マクレーン
製作総指揮:ジョン・ラセター
日本語版声優:室井滋(ドリー役)、木梨憲武(マーリン役)

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

(c)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真