• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

坂上忍が巨大絵馬にヒット祈願「空も映画館も満杯に!」

坂上忍が巨大絵馬にヒット祈願「空も映画館も満杯に!」

坂上忍が巨大絵馬にヒット祈願「空も映画館も満杯に!」

 ジェットスター・ジャパンが、映画「アングリーバード」とコラボレーションした特別塗装機「ハッピージェット」のお披露目イベントを実施し、映画で主人公・レッドの声優を務める坂上忍がイベントに登場した。

 ハッピージェットは同社では初の試みとなる特別塗装機で、2012年の運航開始からこの7月で4周年を迎えることを記念したもの。「おトクな運賃で気軽な空の旅と幸せな時をこれからも届ける」との想いから、「ハッピー」をテーマにしたキャンペーンを実施するとともに同映画とのコラボレーションが決定。いつも怒ってばかりいる飛べない鳥「レッド」の空を飛ぶ夢を叶えるため、特別塗装機 “ハッピージェット”にはレッドが塗装された。

 ハッピージェットを目の当たりにした坂上は「今日この飛行機見て、嬉しいです。レッドの絵を見て、ウルウルきちゃいました。レッドは飛べない鳥なので、レッドが飛べるようになって感無量です!」と大満足の様子。

 レッドも加わってのトークセッションでは「一番初めに見たとき、眉毛が似ていると思いました。ちょっと親近感が沸くというか。だいたい僕もこんな眉毛だと思いますよ。こんなにかわいくはないんだけど」とコメント。レッドの声優を演じてみての感想を聞かれると、「大変でしたよ!セリフの量がハリウッドでは600行らしいのですが、日本は900行もあったみたいでセリフ量がすごく多くて。子役の時以来ですよ、あんなにダメ出しをくらったのは…」と、アフレコ時のエピソードを告白した。

 また、同イベント最後には、映画とジェットスターのハッピーを願って、「レッドとジェッ太で、空も映画館も満杯に!」と巨大絵馬で祈願し、会場を盛り上げた。同作は10月1日から公開予定。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える