• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

要潤が番組ナビゲーターに初挑戦『日本のお宝を取り戻せ!』7・3放送

日曜ファミリア『日本のお宝を取り戻せ!』

 俳優の要潤が番組ナビゲーターに初挑戦する日曜ファミリア『日本のお宝を取り戻せ!』がフジテレビ系で7月3日(日)に放送される。

 番組では、海外に流出した日本が誇るお宝の行方を追って、韓国、イギリス、アメリカ、イスラエルなどで大規模なロケを敢行する。

 2002年、兵庫県加古川市の鶴林寺で盗難事件が発生。重要文化財の仏画など、数点が韓国人窃盗団によって持ち去られた。その後、窃盗団の仲間から持ちかけられた「取引」に住職が応じ、犯人側と直接交渉にあたる。命がけで犯人側と向き合った住職は、聖徳太子の一生が描かれた「聖徳太子絵伝」を取り戻すことに成功。しかし、同時に盗まれた「阿弥陀三尊像」は行方が分からないまま。番組では、住職と犯人側の緊迫した直接交渉を再現。さらに「阿弥陀三尊像」の行方を追って韓国に飛び、そこで窃盗団の闇ルートの存在を知ることになる。果たして、「阿弥陀三尊像」を無事に取り戻すことができたのか!?

 また、戦争の混乱の中で流出してしまった「琉球王国」のお宝を取り戻すことに人生をかけた男の活動を追うほか、世界中の街を訪れ、日本から流出したお宝を買い戻している貿易商、オフェル・シャガンに密着する。

 番組では、これらの「お宝奪還劇」を、硬派で濃密なドキュメンタリー映像とともに紹介。日本、韓国、イギリス、アメリカ、イスラエルなど、世界を舞台に繰り広げられた「お宝奪還劇」の驚くべき結末に注目だ。

<要潤 コメント>
◆ナビゲーターに初挑戦したことについて

「お話をいただいた時、すごくうれしかったですが、 “何で、僕なんだろう?”という疑問も正直ありました(笑)。なかなか、こういったことにチャレンジさせていただく機会もないので、本当に光栄です」

◆普段のドラマと、今回の撮影の違いについて

「今回の収録は、セリフがあって、1カット、1カット、丁寧に撮影いただいたので、ドラマに似ているなと思いました」

◆日本のお宝流出という番組テーマについて

「恥ずかしながら、日本にこれだけお宝があって、それらが海外などに流出してしまっていることを知りませんでした。この番組通じて、日本にもこんなにも貴重なお宝がたくさんあるという事実を誇らしく思いましたし、同時に共に、窃盗被害などの事件に関しては複雑な思いです」

◆お宝返還の働きかけを行っている沖縄の喜舎場さんと実際に話した印象について

「長い年月をかけて、お宝の所在地を探していらっしゃるということで、非常に強いパワーを感じました。特定の誰かのためというよりは、沖縄の方々にお宝の歴史を知ってもらいたいとか、子供たちに歴史を伝えていきたいという思いで活動をされていらっしゃることに感銘を受けました」

◆番組を楽しみにしている方々へのメッセージ

「この番組を通じて、日本の新たな歴史と言いますか、あまり知られていない一面を知ることができると思います。僕自身も非常に楽しみにしています!」

日曜ファミリア
『日本のお宝を取り戻せ!』
フジテレビ系
7月3日(日)夜7時~8時54分

<キャスト>
プレゼンター:要 潤

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える