• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

MAG!C☆PRINCEが結成の地・セントレアで圧巻のパフォーマンス!

「イモトのWiFi presents セントレア夏旅フェス」

 夏の海外旅行「夏旅」をテーマとしたイベント「イモトのWiFi presents セントレア夏旅フェス」が中部国際空港で行われ、「イモトのWiFi」の宣伝部長・イモトアヤコ、PR大使・倉持明日香、そしてセントレア「旅」プロジェクトPR大使に就任したMAG!C☆PRINCEが登場した。

 セントレア「旅」プロジェクト就任式で、任命状とタスキを授与されたMAG!C☆PRINCE。リーダーの平野泰新は「セントレア旅プロジェクトのPR大使に任命していただきありがとうございます。初めての海外旅行は不安!どーすればいいのかわからない!などと思って踏み止まってる方もたくさんいらっしゃると思います。そんな不安を払拭できるように、僕らの活動を通して、海外旅行の良さや楽しさを、これから思う存分皆さんにPRしていきますので、どうぞよろしくお願いします!」と決意を語り、「Facebookの『セントレア旅プロジェクト』ページにも情報をアップしていくので、ぜひ『いいね!』してください!」と早速PR大使としてプロジェクトをアピールした。

 「イモトのWiFi」宣伝部長で、海外渡航国数100か国に迫るイモトアヤコはマイクを外し「 フレ~~~フレ~~~~ガンバッテ~~~~」と生声でMAG!C☆PRINCEにエールを送り、「女優なんで声量が出ずスミマセン」と会場を笑わせた。

 「イモトのWiFi」PR大使の倉持明日香は「これからも『イモトのWiFi』と共にMAG!C☆PRINCEの皆さんも海外へと活動の場を広げ羽ばたいていってくださいね!」と激励の言葉を送った。

 また、イベント内のトークでは、1年の3分の2を海外ロケで過ごすイモトが「今まで訪れたほとんどの国でインターネットが使えました。情報があるとないでは、旅の楽しみ方も変わってきますし、 私の場合現地でのネタ探しにもネットは必需品。この前もウクライナでネタが無くて困った時、『ウクライナ・おもしろ』で検索して84歳のポールダンサーの情報をゲットし、無事番組も面白くなりました」と自らの経験を明かした。

 AKB48のユニット「フレンチ・キス」で活動していた当時に「イモトのWiFi PR大使」に就任した倉持も、「PR大使に就任する前は海外に行くと、通信費が不安で音信不通になってしまっていましたが、今では、海外に行くときは必ず『イモトのWiFi』を持っていきます!海外でもバリバリ、スマホやPCを使いこなしているので何の心配もありませんよ!」と語った。

 MAG!C☆PRINCEは、昨年行われたメンバーオーディションの最終選考会場が「中部国際空港セントレア」だったことについて、「1年と少し前のことなんですが、今でも思い出すたびに緊張します!」(大城光)、「ここに来るたびに、その時の気持ちを思い出せるし、結成の場所なのでボクたちにとっては特別な場所です」(平野泰新)と感慨深げに話した。

 この日は、事前にtwitterで募集した300名の「イモトのWiFi夏旅応援隊」を中心に総勢約1,500人が集まり、「イモトのWiFi夏旅応援隊」限定の撮影タイム、誰もが参加できるイモトのワールドクイズなど、ファン参加型のコーナーで会場は大いに盛り上がった。

 また、ラジオ番組「倉持明日香のサタデートリップ」(東京InterFM、名古屋radioNEO)の公開収録も行われた。「旅に欠かせない物は?」のテーマに、平野が「シャンプーとリンスは欠かせません」と答えると、イモトが平野の髪の香りをかいで「甘いにおいがする~~~」と興奮するひと幕も。

 最後はMAG!C☆PRINCEによるスペシャルライブが行われ、西岡健吾が「この場所での結成から一年経って、成長した姿を見てもらいたい!」と気合十分に宣言し、ライブスタート。得意のアクロバティックなパフォーマンスを見せながら、10月に発売される新曲「Over The Rainbow」をはじめ3曲を熱唱、圧巻のパフォーマンスで観客を魅了した。

 今後、MAG!C☆PRINCEは、『セントレア「旅」プロジェクト』のPR大使として、自らが出演する番組やイベントでのPRや、WEB、SNSを用いた旅に関する情報発信を行う。さらに、旅の仲間が見つかる交流会「TABI PARTY(タビ・パーティー)」への出演などを予定している。

「イモトのWiFi」(http://www.globaldata.jp/imotowifi/

MAG!C☆PRINCE公式サイト(http://www.magipri.nagoya/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える