• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

吉田羊初主演ドラマ「コールドケース~真実の扉」クランクアップ!「ライフワークに」とコメント

吉田羊初主演ドラマ「コールドケース~真実の扉」クランクアップ!「ライフワークに」とコメント

吉田羊初主演ドラマ「コールドケース~真実の扉」クランクアップ!「ライフワークに」とコメント

 世界的大ヒットドラマの日本版「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~ 」(WOWOW)で連続ドラマ初主演を果たした吉田羊が無事クランクアップを迎えた。
 WOWOW開局25周年記念企画として、ワーナー・ブラザース・テレビジョン製作の世界的人気ドラマ「コールドケース」の日本版「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」を2016年10月より、WOWOWのオリジナルドラマ枠「連続ドラマW」で放送する。7月4日(月)、約4か月にわたり主人公の女刑事・石川百合を演じてきた吉田羊が、都内某所のロケ地にて、無事クランクアップを迎えた。本作が連続ドラマ初主演となる吉田羊。最後のシーンを撮り終え、花束とともに、キャスト・スタッフ一同から吉田羊へのメッセージが書かれた特製アルバムがサプライズで贈られ、感激する吉田。大役を無事終えた直後のコメントを紹介。

吉田羊
「こんなに終わるのが寂しいと思う作品は初めてです。各セクションのスタッフが、本当にプロフェッショナルで、何よりも作品を愛していて、より良くしたい、という想いを強く感じることが出来る、居心地の良い現場でした。 未だに自分が主役という実感がなく、俳優部の1人として扱って頂けたことが有難くて、仲間とともに最後まで走りきりました。今回、どこからが石川百合で、どこからが吉田羊かの境目が曖昧になるくらい自分の中に食い込んで演じることが出来ました。そういう風に感じられる役にこれから先、いくつ出会えるか分からないですし、本当に貴重な経験でした。巡り会えた石川百合という役をライフワークの一つとして、続けられる限り、続けていけたら幸せです」

<放送情報>
■番組名:WOWOW開局25周年記念「連続ドラマW コールドケース~真実の扉~」(全10話)
■放送日:2016年10月予定
■スタッフ
監督:波多野貴文(「SP」シリーズ、「連続ドラマW 翳りゆく夏」)
脚本:瀬々敬久(『64-ロクヨン- 前編/後編』)、吉田康弘(『旅立ちの島唄~十五の春~』)、
   蓬莱竜太(『ピンクとグレー』)、林宏司『ハゲタカ』)
音楽:村松崇継(『思い出のマーニー』)、撮影監督: 山田康介(『シン・ゴジラ』)
特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/coldcase/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える