• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『ファインディング・ドリー』八代亜紀がまさかの“本人役”で登場

『ファインディング・ドリー』

 7月16日(土)公開の『ファインディング・ドリー』に歌手の八代亜紀が“本人役”で出演することが分かった。著名なタレントが“本人役”として登場するのはディズニー/ピクサー史上初となる。

 本作の日本版エンドソング「アンフォゲッタブル」を歌い、声優にも初挑戦ことが発表されていた八代。今回、その役柄が“本人役”と判明。ドリーが迷い込む海洋生物研究所のアナウンス役として登場する。

 今回、八代の初登場シーンも公開された。ドリーが海の中で迷子になっていると、海上から「こんにちは」という女性の声が聞こえ、その声の主は「八代亜紀です」と名乗る。その声に「ああ、どうも、八代さん。助けてもらえない?」と答えるドリー。キャラクターが実在の有名人の名前を呼ぶことは異例で、その違和感は見たことのない面白さ。
ドリーがその「八代さん」の姿を探すうちに危険な人間の影が迫り、ボートに乗った人間たちに捕まってしまう。ドリーは迷い込んだ水族館で、家族を見つけることができるのか? 離ればなれになったドリーとニモの運命は?

 本人役で登場することを知った八代は「アニメーションで八代亜紀役の出演は初めてでした。八代さん!とドリーが言うセリフにはびっくりしましたね」と。さらにドリーが自分の名前を呼ぶことについて、「ドリーのセリフを聞いてとても面白いなって思いました。なんか不思議な感じでしたね。これからどうなるのかなとワクワクしました」と語った。また、「監督に八代亜紀の“声”のまま淡々とした感じでと言われたんです。歌ではずっと抑揚をつけるということを何十年もしていますから、抑揚がいらないと言われてとても難しかったですね」と声優の難しさを語った。

 日本語版で八代が演じる役は、各国版でそれぞれの有名スターが“本人役”で登場。字幕版では、シガニー・ウィーヴァーが演じている。

 『ファインディング・ドリー』は、7月16日(土)より日本公開。

「ファインディング・ドリー」『こんにちは。八代亜紀です』日本語吹替版、まさかの本人役で登場

『ファインディング・ドリー』
7月16日(土)全国ロードショー

<ストーリー>
「ファインディング・ニモ」の奇跡の冒険から1年。カクレクマノミのニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまう、忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは《家族の思い出》。「今度は僕がドリーを助けてあげる」──ニモと父マーリン、そしてカメのクラッシュや個性豊かな新しい仲間たちも加わり、ドリーの家族を探す感動の冒険が始まる。
その秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた…。

監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:アンガス・マクレーン
製作総指揮:ジョン・ラセター
日本語版声優:室井滋(ドリー役)、木梨憲武(マーリン役)

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

(c)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える