• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

桐谷美玲が仰天!「これが山﨑賢人なの!?」

桐谷美玲が仰天!「これが山﨑賢人なの!?」

桐谷美玲が仰天!「これが山﨑賢人なの!?」

 7月11日(月)スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ『好きな人がいること』の記者会見が7月4日(月)に東京・豊洲の「MAGIC BEACH」で行われ、主演の桐谷美玲をはじめ、山﨑賢人、三浦翔平、野村周平が出席した。

 同作は、ケーキ作りに人生をささげる一方で恋愛から遠ざかっていたパティシエの美咲(桐谷)が、湘南の海辺でレストランを経営するイケメン三兄弟と1つ屋根の下で暮らしながら“四角関係”を繰り広げるロマンチック・ラブコメディ。美咲につらい試練を与える傲慢な天才シェフで三兄弟の次男・夏向を山﨑、紳士的で頼れる長男・千秋を三浦、女性が大好きなプレイボーイの三男・冬真を野村がそれぞれ演じ、美咲をめぐるひと夏の恋愛模様が描かれる。

 ヒロイン・美咲を演じる桐谷は、「美咲はテンションの浮き沈みが激しくて、本当に素直な女の子。感情をすべて出すタイプなので、ものすごく喜んでいるときはちょっと変な動きも混ぜて喜びを表現したり、落ち込んでいるはあからさまに落ち込んでみたり。6歳の子供が見ても分かるような美咲でありたいです」と役作りのこだわりを告白。いっぽう、初恋相手の千秋に誘われてレストランに転がり込んでくる美咲に冷たく接する“超毒舌男”の夏向を演じる山﨑は、「夏向は美咲に対してボロクソに厳しいことを言うけど、2人の口げんかのような会話が見ていくうちに心地よくて面白いものと思っていただけるように心がけています」とコメントした。会見では、夏の恋を描く“キラキラ”した作風にちなんで、お互いの“キラキラした部分、キラキラしていない部分”について指摘し合うことに。桐谷が「山﨑君は黙って立っていればキラキラしてるけど、朝一の顔は…。寝癖がひどくて、これが山﨑賢人なのか!?と思うほど(笑)」と暴露すると、山﨑も「美玲ちゃんも朝はやばい(笑)。お互いさまです」と応戦。映画での共演経験もあり、普段から気心が知れた仲の桐谷と山﨑が劇中でどんなバトルを繰り広げるのか楽しみなところ。

ドラマ『好きな人がいること』は7月11日から毎週(月)後9・00~9・54放送。初回は後9・00~10・09の拡大版で送る。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える