• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

草なぎ剛「夢の中とか出てきて好きになっちゃう」

 草なぎ剛主演の映画「中学生円山」の中学生限定試写会とティーチインイベントが都内で行われ、監督の宮藤官九郎、主演の草彅剛、平岡拓真が登場した。

 宮藤官九郎監督のオリジナル脚本の今作は、ある目的を達成するための「自主トレ」に励む男子中学生、円山(平岡)が、同じ団地に引っ越してきたシングルファーザーの下井(草なぎ)と出会い、さまざまな妄想を繰り広げながら成長していく物語。

 イベントは3人と現役中学生150人の笑いの絶えないざっくばらんな質問合戦となった。「好きな人と一緒に帰るところを妄想する」「中三なので、やっぱりエッチな妄想をします!毎晩!」など、現役中学生の妄想話が飛び出す中、「最近した一番スゴイ妄想は?」との問いが。「ここではちょっと…言えないですね」という草なぎに対し「アイドルとデートしたりしますね。妄想でですよ!」と平岡が答えると、「それはあるね! 僕も昔宮沢りえちゃんとデートした。妄想で(笑)。夢の中とか出てきちゃって好きになっちゃうんだよね余計に」(草なぎ)、「何なんですかね、夢の中に出てくるって特別な感じしますよね。俺が考えてるってだけなのにね(笑)」(宮藤)など、3人のリアルな妄想話にも花が咲いた。

 また、円山と同じく団地に住んでいたという草なぎが「仲良くしていた年上のお兄さんがいて、その人にザリガニの獲り方や、ウシガエルの触り方を教えてもらった。あと、隣の棟に植木鉢をずっと大事にしてるおじさんがいたり、あの棟にはきれいなお姉さんが住んでるなって思ってたり…面白いんですよ団地」と当時の団地エピソードを語るなど、終始和やかな雰囲気でイベントは進行。

 最後に「今日家に帰ってお父さんお母さんに、どんな映画だったか、言えるもんなら言ってください!」(宮藤)、「ふざけた映画ですが、その中に大事なメッセージが含まれています。みんなに見てほしい」(草彅)とそれぞれ映画をPRした。

 映画「中学生円山」は、5月18日(土)から全国ロードショー。

映画「中学生円山」公式サイト(http://maruyama-movie.jp/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える