• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松本人志のお気に入りはアノ人との共演作!『タウンワーク』CMシリーズ1周年

松本人志出演の『タウンワーク』CM

 松本人志出演の『タウンワーク』CMシリーズが1周年を迎え、松本が本作への思いを明かした。

 松本は一番のお気に入り作品を聞かれると「変身ヒーロー編(2016年3月)はコントに近かったので、やりやすかったです。あき竹城さんと共演した作品(ビデオレター編 2016年4月)も楽しかったですね」と。

 今後、CMシリーズで挑戦してみたい役柄については「役柄については、監督さんにお任せしています。周りからは『松本さんが考えているんでしょう?』とよく言われるんですが、評判が良い作品は『(考えたのは)僕です』というときもありますね(笑)」とエピソードを披露。

 自身が体験してみたいアルバイトは「コンビニとか、レンタルビデオ屋のような普通のバイト」と語り、「僕は昔、特殊なバイト(電車の線路の石を整えるバイトなど)ばかりしていたので。どんな感じなんだろうと思いますね。今からはさすがに難しいと思いますが、一度経験しておきたかったです」と語った。

 7月18日(月)からは、シリーズ2年目の新たなスタートを飾る新CM「祭り」篇がオンエア開始。松本は不思議な祭りを全力で盛り上げるという役どころで登場し、シリーズ史上最も全力のせりふとたくましい肉体を披露している。松本と男性たちの熱く、シュールな掛け合いに注目だ。

 『タウンワーク』新CMは7月18日(月)からオンエア開始。特設サイト(https://cm.townwork.net/)では、7月14日(木)よりCMを閲覧できる。

<CMあらすじ>
夏の夜に、提灯やたいまつで照らされた山間で行われる祭りが舞台。太鼓の合図で祭りがスタートすると、前開きのハッピにハチマキ姿のたくましい松本が「バイト~するなら~!」という掛け声を力いっぱい叫ぶ。それに鼓舞された屈強な男性たちも、負けじと「タウンワーク!」と応えると、手に持っている桶の水を、一勢に被りだす。その不思議な様子に圧倒され、くぎづけとなる観衆たちをよそ目に、掛け声に合わせ一心不乱に水を被り続ける男性たち。松本の掛け声にもさらに力が入っていきます。熱くてシュールな掛け声の応酬が、クスリと笑える作品に仕上がっています。お決まりのせりふを、いつも以上に全力で叫ぶ松本の表情に注目だ。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える