• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「中学生円山」初日にみんなで妄想を落書き! 草なぎ画伯の妄想は!?

映画「中学生円山」初日舞台あいさつで、草なぎ剛、平岡拓真、遠藤賢司、鍋本凪々美、刈谷友衣子、坂井真紀、宮藤官九郎監督が描いた最新の妄想らくがき

 映画「中学生円山」の初日舞台あいさつが5月18日(土)、東京・新宿バルト9で行われ、草なぎ剛、平岡拓真、遠藤賢司、鍋本凪々美、刈谷友衣子、坂井真紀、宮藤官九郎監督が登壇した。

「中学生円山」は、エッチな妄想で頭がいっぱいの男子中学生・円山(平岡拓真)が、同じ団地に引っ越してきたシングルファーザー・下井(草なぎ剛)と出会って成長する妄想ヒーローアクション。

 草なぎ剛は「お客さんが僕らより少なかったらどうしようかと妄想したんですけど、こんなにいらっしゃってくれてありがとうございます。宮藤監督の作品は本当にハチャメチャでふざけてるんですけど、何か最後は心温まるものがじんわりと伝わる映画になってると思います。楽しんで演じられました」と。

 宮藤官九郎監督は「この作品は僕の自信作。着想の段階から自信があり、その自信を持ち続けて、今日、皆さんに観ていただいて完成しました。いろんな人に面白いと言ってもらって長いこと上映されたら、また『高校生円山』なのか、『無職円山』なのか分かりませんが(笑)、やっていきますのでよろしくお願いします」と続編に期待をもたせた。

 その後、絵を描きながら妄想する主人公の中学生円山にちなんで、東映撮影所から持ってきた黒板に各キャストが落書きした最新の妄想を披露。草なぎ剛の自由な感想つきでそれぞれの作品解説が行われ、会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

 最後に草なぎ剛は、「とにかく見ていただけるとハッピーになれる映画です。自信作ですし、クドカンさんの“渾身の一撃”なので、観て、笑ってください!」と締めくくった。

 映画「中学生円山」は全国公開中。

映画「中学生円山」公式サイト(http://maruyama-movie.jp/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える