• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画『二重生活』大ヒット御礼イベントで門脇麦「まるでテラスハウス気分」

映画『二重生活』大ヒット御礼イベントで門脇麦「まるでテラスハウス気分」

映画『二重生活』大ヒット御礼イベントで門脇麦「まるでテラスハウス気分」

 公開中の映画「二重生活」の大ヒット御礼トークイベント&ティーチインが7月12日(火)、東京・新宿ピカデリーで行われ、主演の門脇麦と岸善幸監督が登壇した。

「二重生活」は、哲学科修士論文の題材のため、担当教授(リリー・フランキー)の助言により見ず知らずの他人の尾行にハマっていく女子大学院生・珠(門脇)の姿を描いた、小池真理子原作の新感覚心理エンターテインメント作。

 本作で単独初主演を飾った門脇は、この作品を両親と3人で劇場に観に行ったそうで、「お客さんがみんな集中して珠の尾行を目で追っていて、何だか幸せでした」とコメント。

 また、珠の隣人役の長谷川博己からサディストと言われていた岸監督について「“自由に演じていいよ”という監督はたくさんいるけど、岸監督の“ご自由にどうぞ”は本当に際限がなくて、部屋のシーンも“恋人・卓也(菅田将暉)と珠が2人ここで生活しています。はい、どうぞ!”という感じ。まるでテラスハウス気分ですよ(笑)。それを聞いて、もう演技をするという概念を捨ててここに住んでしまおうと思いましたね」と感想を語った。

 肝心のドS疑惑については「人当たりがいいのに、ニコニコしつつ腹黒いところもちゃんとある。毒舌ですしね(笑)」と分析し、「サディスティックというか、1シーン1カットにこだわりと愛情を持って撮っているのに、それを編集でバッサリカットする精神力がすごい!」と続けた。

 映画「二重生活」は新宿ピカデリーほかにて大ヒット全国公開中。

映画『二重生活』公式サイト(http://nijuuseikatsu.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える