• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『聖戦士ダンバイン』ファンの市川紗椰、富野由悠季監督と夢の対談に歓喜

憧れの富野由悠季監督との対談を実現させた市川紗椰

憧れの富野由悠季監督との対談を実現させた市川紗椰

 9月5日(月)より『聖戦士ダンバイン』をテレビ初放送するアニマックスでは、『聖戦士ダンバイン』の原作・監督の富野由悠季と、「好きなアニメは聖戦士ダンバイン」と公言するモデルの市川紗椰の対談の模様を、本編に先駆けて9月2日(金)に放送する。

『聖戦士ダンバイン』は、1983年に放送されたリアルロボットと中世騎士ファンタジーを融合させたアニメーションで『機動戦士ガンダム』と並ぶ富野由悠季監督の代表作。

 異世界“バイストン・ウェル”に引き込まれた若者ショウが、人型戦闘兵器“ダンバイン”を与えられ地方領主ドレイクの“聖戦士”として迎えられるも、抵抗勢力のメンバーとの出会いを契機にドレイクの野望を打ち砕くべく立ち上がる物語だ。

 2016年9月5日からHDリマスター版をテレビ初放送するアニマックスでは、自宅にフィギュアを飾るほど熱烈なダンバインファンの市川に、富野監督と一緒に作品を鑑賞した上で作品の魅力を語り合ってもらうという、市川にとっては「夢の企画」を実現。

 憧れの富野監督を目の前に収録前から恐縮しきりの市川だったが、いざ対談となるとダンバインへの熱い思いを激白。「こんなに若い方でダンバイン好きはいるのかな」と笑いながら、好きになったきっかけを尋ねる富野監督に対し、小学生から中学生のときにアメリカに住んでいた際にロボットアニメにはまり、その中で「一番インパクトがあった作品がダンバインだった」と目を輝かせた。

 異世界と地上を行き来するファンタジー性に富んだ世界観を自身の視点を踏まえて語る市川に、富野監督も「海外に住んでいたからこその視点で、そういう風に説明してくれた人は初めて。本当にありがとう」と、目尻を下げた。

 この対談の模様は、9月2日(金)の後11:30から、特別番組「緊急ニュース!富野由悠季と市川紗椰『聖戦士ダンバイン』HD化計画を語る」として放送される。

『聖戦士ダンバイン<HDリマスター>』
9月5日(月)~ (全49話を毎週(月)~(金)後11:30~深0:00で放送)

<STORY>
 海と陸の狭間にある異世界バイストン・ウェルに突如引き込まれた若者ショウは、不思議な人型戦闘兵器オーラバトラー“ダンバイン”を与えられ、地方領主ドレイクの“聖戦士”として迎えられる。野望に燃えるドレイクは、力の源たる“オーラ力”の強い地上人を呼び込むことでバイストン・ウェルの覇権を握ろうとしていたのだ。
 抵抗勢力の若きリーダー、ニーとそれに協力するマーベル達に出会ったショウは、ドレイクの野望を阻止しようと共に立ち上がる。だが、戦いの裏で絡み合う人々の思惑は次第に悪しきオーラ力を充満させ、バイストン・ウェルの戦いは地上世界までもを巻き込む戦乱となっていく。ショウたちはこの戦乱を治めることができるのか?

(C)創通・サンライズ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える