• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

AKB48新曲が渡辺&宮脇W主演ドラマの挿入歌に決定!

AKB48新曲が渡辺&宮脇W主演ドラマの挿入歌に決定!

AKB48新曲が渡辺&宮脇W主演ドラマの挿入歌に決定!

 AKB48の新曲「BLACK FLOWER」が、メンバーの渡辺麻友と宮脇咲良がダブル主演を務める、動画配信サービス「Hulu」の日米共同製作ドラマ『CROW’S BLOOD』(7月23日(土)より配信開始・全6話/同日深1・30より日本テレビにて第1話のみ放送)の挿入歌に決定。併せて、ドラマのメインビジュアルも解禁された。

 同曲は、8月31日(水)にリリースされるAKB48の45枚目のシングル「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」の劇場盤に収録。渡辺と宮脇のほか、ドラマに出演する柏木由紀、入山杏奈、木﨑ゆりあ、加藤玲奈、向井地美音、横山由依、松井珠理奈が一堂に会してボーカルを担当した。作詞はもちろんAKB48の総合プロデューサー・秋元康で、ドラマのテイストに合わせた書き下ろし曲。コンセプトは「アメリカのどこかで歌い継がれたような民謡調で、幼いころの原体験を思い出したような曲」。ドラマで宮脇演じる女子高生がアメリカ・ミネソタから転校してくるという設定ともつながっており、これまでのAKB48の楽曲とは雰囲気の違う異色ナンバーに仕上がった。

 ドラマは、薫(渡辺)が通う女子高に黒い血を流す謎の転校生・真希(宮脇)が現れたことをきっかけに奇怪な事件が起こり始めるホラーサスペンス。秋元が原作、映画「ソウ」シリーズを監督したダーレン・リン・バウズマンが製作総指揮を務める。7月末からはドラマの公式ホームページや「Hulu」のSNSにて、「BLACK FLOWER」が流れるPR映像も配信される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える