• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宮崎秋人×松田凌×北村諒の“Unknown Number!!!”が初ライブ!「BREAK OUT夏祭」Phレポート

「BREAK OUT夏祭2016」

テレビ朝日系音楽番組「BREAK OUT」が主催する音楽フェス「BREAK OUT夏祭2016」が7月17日、Zepp Tokyoにて開催された。

オープニングアクトを飾ったのは「Candy Boy」。紹介VTRの後、1曲目「届けたい想い」から始まるスペシャルメドレーを披露した。普段は、原宿のカフェでショーを行っている彼ら。今回は、Zepp Tokyoを「Candy Boy カフェZepp Tokyo」と見立てた、少女漫画に出てくるかのような甘くてちょっぴりゆるいお芝居と、キャッチーな楽曲とバレエのようなしなやかなダンスで観客をもてなした。最後に披露した「陽のあたる窓辺」では、ラストのサビでの大きく手を振る彼らの誘いに、会場中のペンライトの青い明かりが大きく揺れた。

番組ナビゲーターのIMALUが登場すると、夏らしい花火と観客の声援で夏祭がスタート。会場アナウンスは、下野紘が担当し、彼の声を聞くだけで黄色い声援が上がった。

トップバッターは、今月にメジャーデビューを控えたボーカル3人+DJ1人の4人組「THE BEAT GARDEN」。鮮やかな照明が飛び交う中、エレクトリックな激しいSEから「WELCOME TO THE NEW WORLD」と「Fly Me High」へ。EDMの縦乗りのビートにキレのあるギターのリフを乗せた彼らオリジナルのサウンド「エレクトリック・ダンス・ロック」により会場は一気にダンスフロアと化した。今回の限定企画では、誰もが知る夏歌をカバー。彼らはキマグレンのヒット曲「LIFE」を披露し、懐かしいメロディーに会場はさらにヒートアップ。続く、彼らのメジャーデビューシングルとなる「Never End」では、その重厚感のある4つ打ちのビートで、観客の体は自然と揺れ出した。そして、「Sky Drive」を続けて歌い上げ、トップバッターにふさわしいエネルギッシュなパフォーマンスで会場をあたためた。

次は、舞台ミュージカル・ドラマ・映画などで幅広く活躍をする宮崎秋人・松田凌・北村諒の俳優3人による新ユニット「Unknown Number!!!」がダンサーを引き連れて登場。今年5月にメジャーデビューし、今回が初ライブとなる彼ら。1曲目に披露した「beatdown」では、その甘いマスクから放たれるギャップのあるエッジの効いたラップで観客を驚かせた。さらに、夏の名曲JITTERIN’JINNの「夏祭り」を披露。よりロックのテイストにアレンジされた男らしい「夏祭り」に観客のペンライトを振る手もより一層激しくなった。最後は、ヒャダインこと前山田健一がプロデュースした楽曲「キボウノヒカリ」。最先端のエレクトリックなバックミュージックとキャッチーなメロディー、さらにイケメンたちのワイルドなダンスに観客からは黄色い歓声が上がった。

次に登場したのは、BREAK OUT夏祭2年連続の出演となる、声優としても活躍する勇-YOU-と、サウンドプロデューサー雅友によるバンド「SCREEN mode」。1曲目からアッパーチューンの「Naked Dive」で観客を沸かせ、夏歌カバーでは、T.M.Revolutionの「HIGH PRESSURE」を勇-YOU-のハイトーンかつクリーンな声で歌い上げた。次は、人気TVアニメのオープニングテーマに決定した、「ROUGH DIAMONDS」をステージ初披露。続けてロックチューン「極限Dreamer」へ。最後は、またもやステージ初披露となる新曲を披露し、オーディエンスと共に歌い上げるフレーズでは、会場が一体感に包まれた。

続いて登場したのは、今年3月にアーティストデビューを果たした人気声優・下野紘。ロックなギターサウンドからデビュー曲「リアル -REAL-」が始まり、観客からは悲鳴にも近い大きな歓声が送られた。初の生バンドを引き連れてのパフォーマンスに、会場はさらにヒートアップ。先ほどとは一転しバラード曲「約束」につなげると、スローなメロディーに乗った色気のある歌声で、観客たちを魅了した。夏歌カバーでは、思い出のバンドだというTHE YELLOW MONKEYの「BURN」を歌い上げた。その後MCで「まだ持ち歌が2曲しかないんです…」と話すと再び「リアル -REAL-」を披露。退場後、スクリーンには、新曲「ONE CHANCE」のMVが流れ、うれしいサプライズに観客から大きな歓声が上がった。

トリを飾ったのは、音楽イベント、海外ライブ、テレビCMなどでも大活躍の5人組「Da-iCE」。1曲目は、初恋を歌ったラブソング「HELLO」。ミドルテンポのメロディーと伸びのあるクリアな歌声、息のあったキレのあるダンスで、観客のハートを一気につかんだ。続けてダンスチューンの「Up to the Stars」と「Splash」で息の合ったフォーメーションダンスを披露。バラード曲「着れないままのコート」では、切ない歌詞をしっとりと歌い上げ、実際にコートを使ったパフォーマンスで楽曲の世界観を表現した。次に「TOKI」「ハッシュハッシュ」を続けて披露。彼らが大きく手を振ると、会場内のペンライトの鮮やかな青色が大きく揺れた。最後は、夏にぴったりな新曲の「パラダイブ」。アップテンポのビートに伸びのあるハイトーンボイスとパワフルなダンスが絡み合い、サビでは、観客と一緒にタオルを振り回し、会場は再び一つとなった。

エンディングでは、出演者全員がステージに登場。各々が今回のために用意したプレゼントをかけた大抽選会を開催。当選番号が発表されると、会場内には歓喜と落胆の歓声が上がった。最後は出演者、観客全員での記念撮影が行われ、「BREAK OUT夏祭」は幕を閉じた。

このイベントの模様は、テレビ朝日系で放送中の『BREAK OUT』(http://break-out.jp/)内での放送が決定。詳細はあらためてめて紹介される。

『BREAK OUT夏祭2016』イベント概要
会場:Zepp Tokyo
日程:7月17日(日)

<出演アーティスト>
Unknown Number!!!、下野紘、SCREEN mode、Da-iCE、THE BEAT GARDEN

オープニングアクトCandy Boy
※50音順

写真:西田航[WATAROCK]/河邉有実莉[WATAROCK]

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える