• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

話題作『ワンス・アポン・ア・タイム』がティーン・チョイス・アワードW受賞

20160802_68659海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』が、アメリカ時間7月31日に発表された<2016年 ティーン・チョイス・アワード>で、TVシリーズ(SF/ファンタジー部門)とTVシリーズ女優賞(SF/ファンタジー部門)をW受賞した。

<ティーン・チョイス・アワード>は、映画・TV・音楽など複数分野を対象にし、13歳から19歳までのティーンたちが、最も素晴らしい作品また は人物を投票で選ぶ、今年で18回目を迎えるアワード。受賞者にはトロフィーではなくサーフボードが贈られることでも知られており、<ピープルズ・チョイ ス・アワード>や、<キッズ・チョイス・アワード>と並び、エンターテイメント界の代表的なアワードのひとつとして全世界で注目されている。

『ワンス・アポン・ア・タイム』は、誰もが知っている「おとぎの世界」の主人公たちを実写化した話題作。架空の街・ストーリーブルックを舞台に、記憶を失い、自分たちの素性を忘れて暮らしているおとぎ話の登場人物たちを描いている。

TVシリーズ(SF/ファンタジー部門)では、超ロングヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』と『ワンス・アポン・ア・タイム』がノミネー ト。 とTVシリーズ女優賞(SF/ファンタジー部門)では、『スキャンダル』で主人公オリヴィア・ポープを演じているケリー・ワシントン、『ワンス・ア ポン・ア・タイム』で悪い女王・レジーナを演じているラナ・パリーヤがノミネート。そして見事『ワンス・アポン・ア・タイム』が、SF/ファンタジー部門 で、そして、ラナ・パリーヤが「TVシリーズ女優SF/ファンタジー部門」で受賞を果たした。

これまで大人の女性を中心に評価を得てきた『ワンス・アポン・ア・タイム』だが、今回の受賞でティーンからも大きな支持を集めていることが明らかになった。

<2016年 ティーン・チョイス・アワード>
■TVシリーズ(SF/ファンタジー部門)
『ワンス・アポン・ア・タイム』

■TVシリーズ女優賞(SF/ファンタジー部門)
ラナ・パリーヤ『ワンス・アポン・ア・タイム』

『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン3
DVDレンタル、発売中
デジタル配信中

シーズン1、2発売中

(c)2016 ABC Studios.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真