• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大野拓朗、終戦企画ドラマ会見で涙!『ラスト・アタック~引き裂かれた島の記憶~』BSPにて8・15放送

大野拓朗、終戦企画ドラマ会見で涙!『ラスト・アタック~引き裂かれた島の記憶~』BSPにて8・15放送

大野拓朗、終戦企画ドラマ会見で涙!『ラスト・アタック~引き裂かれた島の記憶~』BSPにて8・15放送

8月15日(月)に放送されるドキュメンタリードラマ『ラスト・アタック~引き裂かれた島の記憶~』(BSプレミアム)の試写会が行われ、主演の大野拓朗のほか、竹中直人らが登壇した。

本作は、終戦間近の沖縄・伊平屋島(いへやじま)を舞台にしたドキュメンタリードラマ。実話を元に、日本の将校と米軍兵士、3人の若者の心の交情を描く。

大野が演じるのは、海軍少尉であることを隠し島民として生きる飯井敏雄。中学生以来の丸刈り頭で撮影に臨んだという大野。伊平屋島での撮影を振り 返ると、「大変だったなって…」と思わず涙。「“生きてていいのかな”とか、“守るってなんだろうな”とか、沖縄でずっと悩んでしました。それがこうやっ て1つの作品となって完成したものを見ると、感無量です」と万感の思いをこめて語った。

いっぽう竹中は、「僕は沖縄に遊びに行った記憶しかないです(笑)。蝉が好きなんですよね。すげー楽しかった」とあっけらかんと語り、2人の対照的な姿に会場からは笑いが。

大野はそんな竹中との芝居を「楽しかった」と振り返り、「竹中さんといるときは毎回鳥肌が立っていました」と共演を喜んだ。

『ラスト・アタック』(BSプレミアム)は、8月15日(月)後9・00放送。

公式HP:http://www4.nhk.or.jp/P4066/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える