• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ダレノガレ明美が花魁姿でレッドカーペットに!『スーサイド・スクワッド』Wプレミア

20160804_688509月10日(土)日本公開の映画『スーサイド・スクワッド』のワールドプレミアが米・ニューヨークで行われ、本作のアンバサダーを務めるダレノガレ明美が花魁姿で参加した。

本作は、バットマンやスーパーマンを生み出したDCコミックスが贈る壮大なプロジェクト“DCフィルムズ”の第2弾。主人公は、バットマンらに捕 り、死刑や終身刑の判決をくらったヴィラン(悪役)たち。世界崩壊の危機に、政府は、服役中の悪党たちによる寄せ集め特殊部隊“スーサイド・スクワッド” を結成。彼らの戦う理由は、正義のため、愛する人や世界を守るため…なんかではなく、<自分の刑を軽くしたい><ただ暴れるのが好き>という超個人的な理 由だった…。 普通のヒーロー映画の方程式が全く通用しない、掟破りの悪党たちが大暴れする。

ダレノガレは、本作のポップでクレイジーな“悪カワ”ヒロイン、ハーレイ・クインを彼女流にイメージした“和製ハーレイ・クイン”となってレッド カーペットに登場。各国のメディアからも大きな反応を受けたダレノガレは「ファッションショーとは違う環境だったので震えが止まりませんでした。衣装もツ インテールと片目ずつ青とピンクにして、和製のハーレイ・クインを意識してみました!ハーレイ・クインはぶっ飛んでるんですけど、キュートさもあって、好 きな人に対する一途さがすごく見える素敵な映画だと思います。日本のファンにもぜひ見てもらいたい!」と。

そしてデヴィッド・エアー監督、ハーレイ・クインを演じたマーゴット・ロビー、子煩悩な伝説の暗殺者デッド・ショットを演じたウィル・スミスなど超豪華キャストたちが登場すると、会場中から割れんばかりの拍手、声援が送られた。

レッドカーペット上では、ダレノガレに気付いたウィルが駆け寄り、あいさつのキス。さらにダレノガレとマーゴットが挨拶を交わし、ダレノガレの和 製ハーレイ・クインを意識した衣装に、マーゴットも「アメイジング!」と大喜び。本作でカタナを演じた日系女優・福原かれんから日本語をレクチャーしても らったというマーゴットは、「こんにちは、マーゴット・ロビーです」と日本語であいさつし、別れ際も「ありがとう!」と日本語で締めくくった。

福原かれんは「今回日本人の侍を演じるということでハリウッドでは日本人が日本人を演じるということは稀なことです。中国人や白人の方が演じたり することも多いので、今回わたしが演じられたことは、ありがたいと思っています。(日本への来日は、)めちゃめちゃ楽しみにしています!よろしくお願いし ます!」とメッセージを送った。

映画『スーサイド・スクワッド』は、9月10日(土)全国ロードショー。ウィルらは8月25日実施予定のジャパンプレミアで、日本のファン数千人の前に登場する予定。

『スーサイド・スクワッド』
9月10日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか3D/2D/IMAX 公開

監督・脚本:デヴィッド・エアー(『フューリー』)
製作:チャールズ・ローブン、コリン・ウィルソン、リチャード・サックル
出演:ウィル・スミス、ジャレッド・レト、マーゴット・ロビー、ジョエル・キナマン、ヴィオラ・デイヴィス、ジェイ・コートニー、カーラ・デルヴィーニュ、福原かれん

配給:ワーナー・ブラザース映画

(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える