• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

なだき武が「THE FLASH/フラッシュ〈セカンド・シーズン〉」を熱く語る!

芸能界随一のアメコミ通・なだき武が「THE FLASH/フラッシュ〈セカンド・シーズン〉」を熱く語る!

芸能界随一のアメコミ通・なだき武が「THE FLASH/フラッシュ〈セカンド・シーズン〉」を熱く語る!

「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」DCが送る人気海外ドラマシリーズ「THE FLASH/フラッシュ〈セカンド・シーズン〉」が8月24日よりDVDレンタル開始、デジタルセル・レンタル配信が開始する。本作で待望のアメコミ作品 デビューを飾ったなだき武へ緊急インタビュー!

なだぎ武が担当したのは〈セカンド・シーズン〉の第15話に登場する凶暴かつ極悪なヴィラン・キングシャーク。大好きなアメコミ作品で吹き替え出 演を果たし、「もう感無量でようやくこの感動を味わうことができました。よしもとアメコミリーグのメンバーも、まるで自分のことのように、本当に喜んでく れているんですよ」と語る一方で、「ただ、ものすごい緊張感と嬉しさとドキドキ感で、感動に浸る余裕はないですね!」と収録中はかなり緊張していた様子。 演じたキングシャークのことは「原作コミックスでは、スーサイド・スクワッドのメンバーでもあるので、キャラクターのことは、一応知っていました。鮫の ヴィランって結構アメコミに登場するんですよね。血の気が多くて、まぁ~凶悪なので、普段なかなか怒ることのない僕が演じるとは思いませんでした。なんで 選ばれたのかなと考えたんですが、やっぱり『骨格か!』と。エラの部分が功を奏したのかなと思うと、今はすごく愛おしく思えますね、このキングシャークの 顔が」と、自身なりにキャスティング理由を分析。

初のヴィラン、とにかく凶暴な役どころを演じるにあたって、ある特別な研究をしたというなだぎ。「『殺す!』とか『あいつは何処だ!』とか『全員 殺してやる!!』とか、残忍なセリフが多いんですよね。僕の周りでそういう言葉を使う人がいないので、誰かいないかと探し当てたところ、ハリウッドザコシ ショウがいたんです!ネタの中で『殺す』とか言っているので、とにかく彼のネタを良く見て、凶暴な意識や言葉を自分の中に植え付けてきました」と意外な秘 策を。

今回はヴィランとしての出演だったが、アメコミにハマった理由はやはりカッコイイ ヒーローへの憧れだったそう。そのキッカケを探ると、自身を大ブレイクに導いたあの人気ネタ・ディラン誕生へと通じる、モノマネの原点が明らかに。「一番 初めに、カッコいいな!と思って、好きになったヒーローは、TV アニメで観たスパイダーマンですね。でも、“アメコミ”を好きになったキッカケは、TV ドラマ『超人ハルク』なんですよ。小学5,6年くらいの時、クラスの友達とよくハルクごっこをやっていました。その時からです、アメリカのドラマを観始め たのは。『奥様は魔女』とか、日本にはないアメリカのホームドラマコメディを、演出やセリフの言い回し、リアクションが面白いなと思いながら観ていまし た。その頃から、海外ドラマのモノマネを始めていましたね」

そんな中、最近特に注目しているジャンルがあるという。「最近は、アメコミドラマがすごいですよね。これがドラマ!?ってくらい映画顔負けのス ケールで、脚本や映像のクオリティの高さ。アメコミを知らない人でも楽しめるように制作されているので、素晴らしいと思います。僕自身も、アメコミという 括り無しで、素直にドラマとして楽しいよっておススメしやすくなりました。『THE FLASH / フラッシュ』はもちろん、『GOTHAM/ゴッサム』や『ARROW / アロー』も面白いですよね」さらに、「THE FLASH / フラッシュ」について掘り下げて聞いてみると、「このドラマの魅力は、主役のバリー・アレンですね。フラッシュって攻撃力の高い特別なスーパーパワーがあ るのかというと、そうでも無くて、ただ速いだけのヒーローなんです。だから、弱点として、地べたが滑りやすかったり、ロープに引っ掛けられたりするとコケ て、『なにすんねん!』って。ヒーローなんだけど、ギリギリの所で生きている。たくさん悩むし、ネガティブにもなるし、人間らしさがあるんです。スーパー パワーが無い分、どうスピードを活かしたら悪を倒せるのか、アイデアで勝負する心理戦も面白いですよね。スーパーヒーローなのに人間らしくて親しみやす い、そこに面白さがあるんです。時空を超える光速スピードを出すために、日々ランニングマシーンでトレーニングしてるんだ~とか、なんだか身近に感じます ね」

8月24日(水)、「THE FLASH / フラッシュ<セカンド・シーズン>」が、DVD レンタル/デジタルセル・レンタル配信開始となる。「アメコミ括りを排除して素直に楽しめる作品なので、ふらっと喫茶店に入るくらいの気持ちで観始めて欲 しいですね。そうすれば、まさに“フラッシュ=光速”、面白さが加速して止まらないですから!アメリカのドラマは、脚本や演出が素晴らしいので、毎回ラス トに惹きつけがあるんですよ。『え!次どうなんやろう?寝なあかん…よし、明日の仕事は寝ずに行くか!』てな具合につい観てしまう。次から次へと紡がれて いく『THE FLASH / フラッシュ』の面白さを、ぜひ体感していただきたいですね。そして是非とも、キングシャークに注目してください」と締めくくった。

THE FLASH/フラッシュ〈セカンド・シーズン〉
2016年8月24日 DVDレンタル/デジタルセル・レンタル配信開始
・DVDレンタル vol.1~6(第1~12話)
・デジタルセル(全24話)
・デジタルレンタル(全24話)
2016年9月14日 ブルーレイ&DVD発売
・ブルーレイ コンプリート・ボックス 16200円+税
・DVD コンプリート・ボックス 14300円+税
・DVD レンタル Vol.7~12(第13~24話)

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

〈DC公式サイト〉https://warnerbros.co.jp/dccomics/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える